CARF財団

20 4月, 20

専門家向け記事

勇気とその他の識別の条件

教皇フランシスコがドイツ巡礼中の神の民に送った手紙(29-VI-2019)は、ペトロの務めの証であり、-レシピ本とは程遠い-ドイツのカトリック教徒のみならず、すべてのキリスト者にとって非常に有益なオリエンテーションである。

励ましと現実味のある手紙

1) とりわけ、主が死なれたときの弟子たちのように、将来への不安、深刻で急激な変化など、深刻な困難のある状況において、今日、私たちは「主が "常に、その新しさによって、私たちの生活と共同体を新しくすることができるという確信」(Exhort. エヴァンゲリイ・ガウディウム, 11).フランシスコは、この旅に同行し、"この先もずっと、この旅を続けられるように "と、支援を申し出ています。 応じる メンバーシップ -courage-現状に".おそらく、この最後の一文が、あなたの手紙が促進したい姿勢をよく表しているのでしょう。

スタート 御礼特に、「ドイツのカトリック共同体は、その多様性と多元性において、共同責任という意識で世界に認められている」という事実と、他の地域や国での福音化を促進し支援する寛大な姿勢が評価された。

同時に、「精神的なレベルだけでなく、社会的、文化的なレベルにおいても、信仰の浸食と衰退が進んでいることに気づくことは、どれほどつらいことか」とも指摘している。この劣化は、他の多くの場所で起こっていることですが、多面的であり、簡単かつ迅速に解決できるものではありません。 意識高い系 私は銀も金も持っていないが、持っているものはあなたがたに与える。ナザレのイエス・キリストの名によって、立ち上がり、歩きなさい」(行為 3,6).

司教座の長である教皇が提案する道は、一般論として、次のようなものです。 シノダルな旅 (cf.Const.ap.参照) エピスコパリスコミュニオ, 2018).実質的には、聖霊の導きのもとで、"共歩共修 その光と導きのもとで、私たちに与えようとする常に新しい地平に耳を傾け、見極めることを学びます。シノディリティは、そのようなことを想定し、要求しているからです。 聖霊".

それは、主がすでに「真理の霊が来ると、あなたがたをすべての真理に導いてくれる」(ヨハネ16:13)と予告されていたからである。聖霊は、ペンテコステ以降、教会を救いの道と地平線上に照らし出し、導いてくださるのです。

シノダリティとは、その名称のことだと言えるでしょう。 参加 教会の建設と福音化のために、すべてのレベルの人々、つまり、最後の洗礼を受けた人からローマの司教まで、そしてその逆もまた然り、と教皇は書いています。このようにして初めて、私たちは教会の信仰と生活に不可欠な事柄に手を差し伸べ、決断することができるのです」と教皇は述べている。

そして、そのための条件をいくつか指摘する。これらの条件は、現実を見ることと、神学的な徳(信仰、希望、慈善)と関係がある。

  • まず、何よりも大切なのは、「呼びかけ」です。 リアリズムとともに歩むよう促されれば、確かに可能でしょう。 忍耐私たちは、「無心に、そして、すべての疑問や問題に同時に答えることは決してできないという謙虚で健全な確信を持って」、土の器に入った宝物の担い手だからです(cf. 2 Co 4,7).特に強調したいのは堪忍袋の緒が切れる現在の質問と私たちの回答は、健全な発展のために、次のようなことを要求しています。 アジャストメント"イヴ・コンガールの言葉を借りれば、「長年にわたる全人類の生活と協力の長い発酵」である。このことは、私たちが前進するための刺激になると、教皇は述べています。 工程 そのため、目先の未熟な結果に頼らず、やがて実を結ぶようなものを目指しています。
  • 第二に、これらのプロセスには、十分かつ不可避なものが必要である。 分析.しかし、その誘惑に負けないようにすることが大切です。 ちゅうぶう教会は、「信仰深い人々と主との間の現実的で日常的な接触から私たちを遠ざける以外の何ものでもない、複雑な一連の議論、論議、決議を中心に回っている」のです。そして、「良い合意」というシンクレティズム的な解決策や、アンケート結果やコンセンサスに言及する際にも、同様のことを批判している。
  • したがって、以下のことを認識しなければならない。 勇気をもって 私たちに必要なのは、構造的、組織的、機能的な変化よりもはるかに大きなものだ」ということです。そのためには、もう一つの誘惑、つまり、自分の力で出世できると思う誘惑を避ける必要があるのです。

 

神父、地上における神の微笑み

寄付には顔が必要です。教区司祭、修道司祭の養成に力を貸してください。

自分の力に頼らない

3)以下は、新しい ペラギウス主義 完璧な行政機構と組織」にすべてを託したこと(エヴァンゲリイ・ガウディウム 32).さらにその先には、新しい グノーシス主義 自分の名を上げ、教義と名声を高めたいがために、神の言葉から与えられたものとは異なる新しいことを言おうとする人々、「進んだ」あるいは「悟った」と感じながら、自分自身の計画で教会的「我々」を克服しようとする人々(J. Ratzinger, The God of Jesus Christ, Salamanca 1979参照)のことである。

行政的解決や救世主的主人公にすべてを託そうとするこの誘惑は、短期的には緊張を取り除くことができるとフランシスコは指摘する。しかし、それはキリスト教の人々の「心の麻痺と飼い慣らし」につながり、おそらく多少は「近代化」されたままなのだろうが 世俗的 と、「魂も福音的な新しさもなく」、躍動感も食い付きもない。イエス・キリストとその救いの御言葉への信仰を実践しているクリスチャンを励ます効果的な能力-と言えるかもしれません-がないのです。

新ペラギウス派と新グノスティクス派のどちらか一方にとって、この観察は有益である。「教会共同体が、自分たちの力や方法、知性、意志、威信にのみ依存し集中することによって問題を単独で解決しようとするたびに、結局は解決しようとした悪を増大させ永続させることになった」のである。

エバンジェリゼーション:希望の道

4) このため、教皇ベルゴリオは、前回と同様に(参照。 CELAM運営委員会と打ち合わせ。 Bogotá, 7-IX-2017)、希望を持って「バランスを管理」することを提案し アンバランスを恐れない" (cf. エヴァンゲリイ・ガウディウム97); 緊張と不均衡は避けられないものであり、さらに言えば、福音宣教の一部として不可欠なものだからである。

私たちは、困難の中で、神への信頼、神の恵み、神の憐れみを証しし、同時に人間的に可能な手段を用いてきた多くのクリスチャンを思い浮かべることができます。このため、フランシスコはここで、その確保を語っているのです。 神学次元 そして、キリストが十字架上で自己犠牲によって私たちのために勝ち得てくださった無償の救いを受け入れることです。私たちの使命は、人間の計算や「牧歌的な計画の成功結果」に基づくものではありません。そして、この神学的な側面、つまり、神が私たちを見ていて、私たちを気にかけてくれていることを知るという信仰にすべてを頼るということは、私たちのミッションに不可欠な要素なのです。 キリスト教の知恵。

5)真の変革は、以下を求める。 かんか, というのは、卓越した指針となる基準は でんどう信仰と愛の新戒を宣言する。エバンジェリゼーション は戦術にあらず 征服や支配、人間の影響力や領土の拡大など。 レタッチなし を、本来の予言的な力を失って適応させる。 また、回収の試みも 別の文化的文脈で意味をなしていた習慣や慣行。

もう一度、ペトロの聖職に就いた先達の足跡をたどりながら、彼は正しい道を示している。 でんどう は、私たちを最初に愛してくださった方への愛の応答と転換の弟子の旅(cfr. 1ヨハネ 4,19)、喜びをもって生き、経験し、祝い、証しする信仰を可能にする道です。伝道は、私たちが福音の喜び、キリスト教徒であることの喜びを取り戻すように導きます。

私たちの主な関心事は、「私たちの兄弟姉妹、特に私たちの神殿の敷居に、街路に、刑務所や病院に、広場や都市に横たわる人々に会いに行くこと(...)、特に「新しい物語とパラダイムが生まれ、イエスの言葉によって都市の魂の最も深い核に達するために、その複数の岐路においてすべての地上的現実にキリストの霊を注ぐために出て行く」(同)ことでこの喜びを共有しなければならないのである。エヴァンゲリイ・ガウディウム 73, cf. エバンゲリイ・ヌンティアンディ, 19).である」ことです。 イエスへの情熱と同時に、人々への情熱を持って、「人々の生活に密着した」。 (参照) エヴァンゲリイ・ガウディウム 268).

伝道ミッションの向上

書簡の最後の部分で、フランシスコは、その本質を主張しています。 けんさつ単に時代精神に順応するのではなく、その狙いは 伝道ミッションの向上のために

シノダリティによる見極めによって、"教会とともに生き、教会で感じることそれは、多くの場合、普遍的なレベルでも特殊なレベルでも、"教会の中で、教会とともに苦しむようになる "のです。そのために、私たちは次のことを追求しなければなりません。 ロイヤルロード ように すべての声 最もシンプルで謙虚なものにも、空間と視界があります。これは、私たち全員が挑戦しなければならないことなのです。

さらに、この識別のための条件(これも実質的な条件である)をいくつか指摘している。これらは、教会生活の枠組みや、個人的な恵みへの対応に関係するものです。

 

神様が私たちを見ていてくださること、私たちのことを気にかけていてくださることを知ることは 聖哲

教会生活の枠組み

を維持する必要がある」と強調しています。 全教会体との交わり特に 自分自身の特殊性に閉じこもり、イデオロギーの奴隷にならないように。教会の意味するところ(センス・エクレスィエ)、私たちは「自分自身を構成的に知る」必要があります。 分身私たちを要求し、期待し、必要とし、私たちもまた要求し、期待し、必要とするものです。の一員であることを実感できる喜びです。 聖なる忍耐強い神の忠実な人々".

そのためには、次のようなことも必要です。 教会の生きた伝統との関連最も生き生きとした完全な伝統の源であり、灰を保存するのではなく、火を絶やさないようにする任務を負っている"(G. Mahler参照)"そして、すべての世代が聖霊の助けを借りて、初恋を再び燃え上がらせることができる "のです。

を参照することで、見極めの枠組みが明確となり、確実なものとなります。 しんせい 私たち全員が励まなければならないことであり マリアの母性それなしには、私たちは、御子が十字架からお預けになった神の民ではない、によって。 友愛 の導きを信頼し、教会内の 聖霊の必要性 大局観の優先順位付け しかし、小さなもの、身近なものへのこだわりは失わない。

改心、祈り、懺悔

すべての人に、特に牧師に、教皇は「共通のコミットメント」を呼びかけています。覚醒と転換の状態」。によって祈り求めるべき神の賜物であることを忘れてはならない。 祈禱断餐.このようにして、私たちはキリストと同じ感情を持つことを志すことができるのです(cf. Phil 2:7)。 けんそん, 貧乏 y 胆力.主人の模範は、「私たちを偽りの不毛な主人公から解放し、保護された快適な位置に留まる誘惑から私たちを遠ざけ、主によりよく会い、耳を傾けるために周辺に行くよう誘う」のです。

祈りとはまた 拝礼なぜなら、「崇拝することによって、人間はその至高の義務を果たし、来るべき清澄さ、すなわち、新しい創造を味わう助けとなるものを垣間見ることができる」(R. Guardini 参照)のである。

また、数日前、ウクライナ・ギリシャ・カトリック教会のシノドスで演説したとき(参照)。 スピーチ, 5-VII-2019)、教皇は、祈りは "でなければならない "と指摘した。主関心"祈り "はすべての活動において必要です。祈りなくしては、簡単に陥ってしまう。 誘惑 眠りの、剣の-暴力の-、あるいは逃亡の-臆病の-(マタイ26, 40ff参照)。羊飼いにとって、同じように必要なことです。 神について語る」だけでなく 自分から「神に捧げる」ために 信仰の宣教、典礼、慈善活動において。

そのうえで、次のように主張した。 きょうどうせいを伴うものです。 リッスンその きょうどうせきにん を勇気をもって、そして特に、その関与が 義理を立てる.

"である。 きょうどうせい それはまた、視野を広げ、教会の普遍性の中で自らの伝統の豊かさを生きること、他の儀式との良好な関係から利益を得ること、自らの神学的・典礼的宝物の重要な部分を他の共同体、たとえ非カトリックの共同体と共有することの素晴らしさを考えること、他の特定の教会と、ローマ教皇庁の二院との関係に加えて、実りある関係を織り成すことにつながります」(同書)。どうじょう...)と特定主義を避ける。

フランシスコはドイツのカトリック信者に宛てた手紙の中で、「現在の状況は、困難に直面しても、慎重さや子供っぽさ、気弱さを求めるものではなく、『時代の課題に立ち向かう勇気』を求めるものです」と結んでいます。門戸開放のすすめ そして、普段は表面的なもの、幸福や外見の文化によって覆い隠されているものを見ることができるようになります」。このようにして、私たちは、神の恵みによって、つまり、私たちが永久に改心する心、心、人生をもって求めることによって、神の道を歩むことを熱望することができるのです。 栄枯盛衰 そして、他の人のために至福を運ぶ存在になることです。

ラミロ・ペリテーロ・イグレシアス氏
牧会神学教授
神学部
ナバラ大学

教会と新福音化」に掲載されました。

1) とりわけ、主が死なれたときの弟子たちのように、将来への不安、深刻で急激な変化など、深刻な困難のある状況において、今日、私たちは「主が "常に、その新しさによって、私たちの生活と共同体を新しくすることができるという確信」(Exhort. エヴァンゲリイ・ガウディウム, 11).フランシスコは、この旅に同行し、"この先もずっと、この旅を続けられるように "と、支援を申し出ています。 応じる メンバーシップ -courage-現状に".おそらく、この最後の一文が、あなたの手紙が促進したい姿勢をよく表しているのでしょう。

スタート 御礼特に、「ドイツのカトリック共同体は、その多様性と多元性において、共同責任という意識で世界に認められている」という事実と、他の地域や国での福音化を促進し支援する寛大な姿勢が評価された。

同時に、「精神的なレベルだけでなく、社会的、文化的なレベルにおいても、信仰の浸食と衰退が進んでいることに気づくことは、どれほどつらいことか」とも指摘している。この劣化は、他の多くの場所で起こっていることですが、多面的であり、簡単かつ迅速に解決できるものではありません。 意識高い系 私は銀も金も持っていないが、持っているものはあなたがたに与える。ナザレのイエス・キリストの名によって、立ち上がり、歩きなさい」(行為 3,6).

司教座の長である教皇が提案する道は、一般論として、次のようなものです。 シノダルな旅 (cf.Const.ap.参照) エピスコパリスコミュニオ, 2018).実質的には、聖霊の導きのもとで、"共歩共修 その光と導きのもとで、私たちに与えようとする常に新しい地平に耳を傾け、見極めることを学びます。シノディリティは、そのようなことを想定し、要求しているからです。 聖霊".

それは、主がすでに「真理の霊が来ると、あなたがたをすべての真理に導いてくれる」(ヨハネ16:13)と予告されていたからである。聖霊は、ペンテコステ以降、教会を救いの道と地平線上に照らし出し、導いてくださるのです。

シノダリティとは、その名称のことだと言えるでしょう。 参加 教会の建設と福音化のために、すべてのレベルの人々、つまり、最後の洗礼を受けた人からローマの司教まで、そしてその逆もまた然り、と教皇は書いています。このようにして初めて、私たちは教会の信仰と生活に不可欠な事柄に手を差し伸べ、決断することができるのです」と教皇は述べている。

そして、そのための条件をいくつか指摘する。これらの条件は、現実を見ることと、神学的な徳(信仰、希望、慈善)と関係がある。

  • まず、何よりも大切なのは、「呼びかけ」です。 リアリズムとともに歩むよう促されれば、確かに可能でしょう。 忍耐私たちは、「無心に、そして、すべての疑問や問題に同時に答えることは決してできないという謙虚で健全な確信を持って」、土の器に入った宝物の担い手だからです(cf. 2 Co 4,7).特に強調したいのは堪忍袋の緒が切れる現在の質問と私たちの回答は、健全な発展のために、次のようなことを要求しています。 アジャストメント"イヴ・コンガールの言葉を借りれば、「長年にわたる全人類の生活と協力の長い発酵」である。このことは、私たちが前進するための刺激になると、教皇は述べています。 工程 そのため、目先の未熟な結果に頼らず、やがて実を結ぶようなものを目指しています。
  • 第二に、これらのプロセスには、十分かつ不可避なものが必要である。 分析.しかし、その誘惑に負けないようにすることが大切です。 ちゅうぶう教会は、「信仰深い人々と主との間の現実的で日常的な接触から私たちを遠ざける以外の何ものでもない、複雑な一連の議論、論議、決議を中心に回っている」のです。そして、「良い合意」というシンクレティズム的な解決策や、アンケート結果やコンセンサスに言及する際にも、同様のことを批判している。
  • したがって、以下のことを認識しなければならない。 勇気をもって 私たちに必要なのは、構造的、組織的、機能的な変化よりもはるかに大きなものだ」ということです。そのためには、もう一つの誘惑、つまり、自分の力で出世できると思う誘惑を避ける必要があるのです。

 

聖なる器のケース

すべての司祭が、どこにいても聖餐式を執り行うことができるようにしてください。

自分の力に頼らない

3)以下は、新しい ペラギウス主義 完璧な行政機構と組織」にすべてを託したこと(エヴァンゲリイ・ガウディウム 32).さらにその先には、新しい グノーシス主義 自分の名を上げ、教義と名声を高めたいがために、神の言葉から与えられたものとは異なる新しいことを言おうとする人々、「進んだ」あるいは「悟った」と感じながら、自分自身の計画で教会的「我々」を克服しようとする人々(J. Ratzinger, The God of Jesus Christ, Salamanca 1979参照)のことである。

行政的解決や救世主的主人公にすべてを託そうとするこの誘惑は、短期的には緊張を取り除くことができるとフランシスコは指摘する。しかし、それはキリスト教の人々の「心の麻痺と飼い慣らし」につながり、おそらく多少は「近代化」されたままなのだろうが 世俗的 と、「魂も福音的な新しさもなく」、躍動感も食い付きもない。イエス・キリストとその救いの御言葉への信仰を実践しているクリスチャンを励ます効果的な能力-と言えるかもしれません-がないのです。

新ペラギウス派と新グノスティクス派のどちらか一方にとって、この観察は有益である。「教会共同体が、自分たちの力や方法、知性、意志、威信にのみ依存し集中することによって問題を単独で解決しようとするたびに、結局は解決しようとした悪を増大させ永続させることになった」のである。

エバンジェリゼーション:希望の道

4) このため、教皇ベルゴリオは、前回と同様に(参照。 CELAM運営委員会と打ち合わせ。 Bogotá, 7-IX-2017)、希望を持って「バランスを管理」することを提案し アンバランスを恐れない" (cf. エヴァンゲリイ・ガウディウム97); 緊張と不均衡は避けられないものであり、さらに言えば、福音宣教の一部として不可欠なものだからである。

私たちは、困難の中で、神への信頼、神の恵み、神の憐れみを証しし、同時に人間的に可能な手段を用いてきた多くのクリスチャンを思い浮かべることができます。このため、フランシスコはここで、その確保を語っているのです。 神学次元 そして、キリストが十字架上で自己犠牲によって私たちのために勝ち得てくださった無償の救いを受け入れることです。私たちの使命は、人間の計算や「牧歌的な計画の成功結果」に基づくものではありません。そして、この神学的な側面、つまり、神が私たちを見ていて、私たちを気にかけてくれていることを知るという信仰にすべてを頼るということは、私たちのミッションに不可欠な要素なのです。 キリスト教の知恵。

5)真の変革は、以下を求める。 かんか, というのは、卓越した指針となる基準は でんどう信仰と愛の新戒を宣言する。エバンジェリゼーション は戦術にあらず 征服や支配、人間の影響力や領土の拡大など。 レタッチなし を、本来の予言的な力を失って適応させる。 また、回収の試みも 別の文化的文脈で意味をなしていた習慣や慣行。

もう一度、ペトロの聖職に就いた先達の足跡をたどりながら、彼は正しい道を示している。 でんどう は、私たちを最初に愛してくださった方への愛の応答と転換の弟子の旅(cfr. 1ヨハネ 4,19)、喜びをもって生き、経験し、祝い、証しする信仰を可能にする道です。伝道は、私たちが福音の喜び、キリスト教徒であることの喜びを取り戻すように導きます。

私たちの主な関心事は、「私たちの兄弟姉妹、特に私たちの神殿の敷居に、街路に、刑務所や病院に、広場や都市に横たわる人々に会いに行くこと(...)、特に「新しい物語とパラダイムが生まれ、イエスの言葉によって都市の魂の最も深い核に達するために、その複数の岐路においてすべての地上的現実にキリストの霊を注ぐために出て行く」(同)ことでこの喜びを共有しなければならないのである。エヴァンゲリイ・ガウディウム 73, cf. エバンゲリイ・ヌンティアンディ, 19).である」ことです。 イエスへの情熱と同時に、人々への情熱を持って、「人々の生活に密着した」。 (参照) エヴァンゲリイ・ガウディウム 268).

伝道ミッションの向上

書簡の最後の部分で、フランシスコは、その本質を主張しています。 けんさつ単に時代精神に順応するのではなく、その狙いは 伝道ミッションの向上のために

シノダリティによる見極めによって、"教会とともに生き、教会で感じることそれは、多くの場合、普遍的なレベルでも特殊なレベルでも、"教会の中で、教会とともに苦しむようになる "のです。そのために、私たちは次のことを追求しなければなりません。 ロイヤルロード ように すべての声 最もシンプルで謙虚なものにも、空間と視界があります。これは、私たち全員が挑戦しなければならないことなのです。

さらに、この識別のための条件(これも実質的な条件である)をいくつか指摘している。これらは、教会生活の枠組みや、個人的な恵みへの対応に関係するものです。

 

教会生活の枠組み

を維持する必要がある」と強調しています。 全教会体との交わり特に 自分自身の特殊性に閉じこもり、イデオロギーの奴隷にならないように。教会の意味するところ(センス・エクレスィエ)、私たちは「自分自身を構成的に知る」必要があります。 分身私たちを要求し、期待し、必要とし、私たちもまた要求し、期待し、必要とするものです。の一員であることを実感できる喜びです。 聖なる忍耐強い神の忠実な人々".

そのためには、次のようなことも必要です。 教会の生きた伝統との関連最も生き生きとした完全な伝統の源であり、灰を保存するのではなく、火を絶やさないようにする任務を負っている"(G. Mahler参照)"そして、すべての世代が聖霊の助けを借りて、初恋を再び燃え上がらせることができる "のです。

を参照することで、見極めの枠組みが明確となり、確実なものとなります。 しんせい 私たち全員が励まなければならないことであり マリアの母性それなしには、私たちは、御子が十字架からお預けになった神の民ではない、によって。 友愛 の導きを信頼し、教会内の 聖霊の必要性 大局観の優先順位付け しかし、小さなもの、身近なものへのこだわりは失わない。

改心、祈り、懺悔

すべての人に、特に牧師に、教皇は「共通のコミットメント」を呼びかけています。覚醒と転換の状態」。によって祈り求めるべき神の賜物であることを忘れてはならない。 祈禱断餐.このようにして、私たちはキリストと同じ感情を持つことを志すことができるのです(cf. Phil 2:7)。 けんそん, 貧乏 y 胆力.主人の模範は、「私たちを偽りの不毛な主人公から解放し、保護された快適な位置に留まる誘惑から私たちを遠ざけ、主によりよく会い、耳を傾けるために周辺に行くよう誘う」のです。

祈りとはまた 拝礼なぜなら、「崇拝することによって、人間はその至高の義務を果たし、来るべき清澄さ、すなわち、新しい創造を味わう助けとなるものを垣間見ることができる」(R. Guardini 参照)のである。

また、数日前、ウクライナ・ギリシャ・カトリック教会のシノドスで演説したとき(参照)。 スピーチ, 5-VII-2019)、教皇は、祈りは "でなければならない "と指摘した。主関心"祈り "はすべての活動において必要です。祈りなくしては、簡単に陥ってしまう。 誘惑 眠りの、剣の-暴力の-、あるいは逃亡の-臆病の-(マタイ26, 40ff参照)。羊飼いにとって、同じように必要なことです。 神について語る」だけでなく 自分から「神に捧げる」ために 信仰の宣教、典礼、慈善活動において。

そのうえで、次のように主張した。 きょうどうせいを伴うものです。 リッスンその きょうどうせきにん を勇気をもって、そして特に、その関与が 義理を立てる.

"である。 きょうどうせい それはまた、視野を広げ、教会の普遍性の中で自らの伝統の豊かさを生きること、他の儀式との良好な関係から利益を得ること、自らの神学的・典礼的宝物の重要な部分を他の共同体、たとえ非カトリックの共同体と共有することの素晴らしさを考えること、他の特定の教会と、ローマ教皇庁の二院との関係に加えて、実りある関係を織り成すことにつながります」(同書)。どうじょう...)と特定主義を避ける。

フランシスコはドイツのカトリック信者に宛てた手紙の中で、「現在の状況は、困難に直面しても、慎重さや子供っぽさ、気弱さを求めるものではなく、『時代の課題に立ち向かう勇気』を求めるものです」と結んでいます。門戸開放のすすめ そして、普段は表面的なもの、幸福や外見の文化によって覆い隠されているものを見ることができるようになります」。このようにして、私たちは、神の恵みによって、つまり、私たちが永久に改心する心、心、人生をもって求めることによって、神の道を歩むことを熱望することができるのです。 栄枯盛衰 そして、他の人のために至福を運ぶ存在になることです。

ラミロ・ペリテーロ・イグレシアス氏
牧会神学教授
神学部
ナバラ大学

教会と新福音化」に掲載されました。

神の微笑みを地上で分かち合いましょう。

教区の司祭、ゼミ生、修道者のために、お名前と姓をお書き添えください。
今すぐ寄付する
今すぐ寄付する