今すぐ寄付する

CARF財団

6 5月, 24

聖母の一日

聖母マリアの月である5月に便乗して。フランシスコ・ヴァロ・ピネダは、私たちを聖母マリアのナザレとその日常に誘う。日々の犠牲がいっぱい。彼女が日々、イエスを気遣い、自分を聖別した仕事。

聖ルカは福音書の中で、天使ガブリエルが神によってナザレに遣わされ(ルカ1:26参照)、処女のマリアに、ユダヤ人すべてが待ち望んでいた救世主メシアの母となることを告げた、と述べています。

聖母マリアのナザレ

約2000年前、ナザレは地球上のほとんどの人が知らない村だった。その頃、帝政ローマは華麗に輝いていた。地中海沿岸には、多くの繁栄した都市があった。港町や貿易港では、商人や船乗りの喧騒が通りや広場に溢れていた。一方、ナザレは、手のひらサイズの 貧弱 ガリラヤ地方の岩の多い岬に建つ家々。自分の住んでいる地域でも、あまり重要視されていなかった。

この地域の商業活動の大半が集中しているセフォリスの街までは、歩いて2時間余りであった。豊かな建物と一定の文化があり、繁栄した都市であった。住民はギリシャ語を話し、グレコ・ラテン系の知識人と良好な関係を保っていた。一方、ナザレには、アラム語を話すユダヤ人の家族が数人住んでいた。

住民の多くは農業や畜産業に従事していたが、ホセのような職人もいて、大工仕事や鍛冶仕事など、工夫と努力で住民に奉仕していた。

聖母マリアの家

マリアさんの家は、近所の人たちと同じように質素なものだった。部屋は2つありました。奥の部屋は、穀物庫と食料庫を兼ねた洞窟でした。その内室の前の岩に取り付けた3枚の土壁や石垣が、屋根となる枝や木、葉の骨組みを支え、家の外側の部屋を形成していたのです。ドアから光が入ってきた。そこには、わずかな作業道具と小さな家具があった。家族の生活の多くは、家の戸外で、おそらく夏の暑さを和らげてくれる蔓の木陰で行われた。

隣家はほとんど同じような家だった。考古学的な発掘調査によって、古代ナザレの一部が明らかになった。家々は、地形にある多くの洞窟を利用し、そこにセラーやサイロ、貯水池などをあまり手を加えずに作っていたのだ。洞窟の手前で床が少し平らになっていて、この囲いは素地の壁で閉じられていた。この部屋の床を家族が寝泊まりするのに使った可能性がある。

ポソ・デ・ラ・ビルヘン・マリア 1

マリアの井戸は、天使ガブリエルが聖母マリアに現れ、神の子を産むことを告げた場所である。現在のイスラエル北部のナザレに位置する。

朝の祈り

一日の始まりは、朝日から。一部 祈り シェマのようなシンプルなもので、すぐにハードワークが始まりました。シェマとは、聖書から引用した祈りの言葉で、ヘブライ語で「シェマ・イスラエル(イスラエルよ聞け)、我らの神、主は一つである。あなたは心を尽くし、魂を尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛さなければならない。今日、私があなたに言うこの言葉を、あなたの心に留めておいてください。家でも旅先でも、寝ても覚めても、子供たちに語りかけ、身につけさせましょう。しるしとして手に縛り付け、しるしとして額に貼る。あなたの家の門柱と戸口に書きなさい」(Dt 6:4-9)。

聖母マリアと料理の準備

毎日、祈りの後に行われる最初の仕事のひとつが、毎日の基本的な食事であるパンの準備であった。そのために、マリアはかつての女たちのように、小麦や大麦の穀物を挽いて粉にすることから始めた。この作業に使用された国産の石臼も発見されている。

小麦粉に水と少量の塩を混ぜて生地を作り、そこにひとつまみのイースト菌を加えるのだが、イースターの祭日を除いては、この方法がとられた。醗酵させた生地でごく薄いケーキやロールケーキを作り、オーブンで焼くか、焚き火に埋めて焼きたてを食べたという。

毎日の食事は、現在の地中海沿岸の食事とほぼ同じようなものであったろう。パンはナイフを使わず手で割って食べ、ワインやミルク、果物、そして可能であれば肉や魚も一緒に、単独で、あるいは油と一緒に食べました。牛乳は通常、山羊の皮を縫ったワインスキンに入れ、直接飲んでいた。飲むと酸っぱくなることがほとんどだった。また、牛乳はバターやチーズの原料になり、ガリラヤのように家畜がいるところでは主食となった。

ナザレ 聖母マリア
ナザレ 20世紀初頭、私たちの母である聖母マリアの。

また、当時の人々の食生活に欠かせないのが油である。また、オリーブの塩漬けも食べていた。油も、水筒のような形の小さな平たい土瓶に入れて、旅のお供にしたそうです。また、ワインは強い傾向があるため、水で割って飲むのが一般的で、スパイスを混ぜたり、蜂蜜で甘くしたりすることもあったそうだ。

中でも、ひよこ豆やレンズ豆の煮込み料理はよく食べられていた。野菜では、ソラマメ、エンドウ豆、ネギ、タマネギ、ニンニク、キュウリなどが人気でした。肉はラムやヤギが最もよく食べられており、鶏肉も一部食べられていた。果物では、イチジク、ナツメヤシ、スイカ、ザクロなどがよく食べられていた。現在ではこの地域にたくさんあるオレンジも、聖マリアが暮らしたガリラヤではまだ知られていなかった。

毎日、食事の前にお祈りをし、お祈りをした。 ありがたい その善意から受けた糧のために食卓の祝福は、多かれ少なかれ、「主よ、私たちの神、宇宙の王よ、今日、私たちに地の果実であるパンを食べさせるあなたは、幸いです」というものであった。そして、「アーメン」という返事が返ってきました。

マリアの日常業務

家計を支えるために、毎日行わなければならない大変な仕事のひとつが水運びでした。ナザレの泉は、村の家々から歩いて15分余りの距離にあった。マリアは毎朝そこに行って水差しを満たし、この地域の習慣に従ってそれを頭に載せて家に帰り、仕事を続けていたのだろう。また、洗濯のために別の時間帯に近くに戻ってくる日もあるかもしれない。

水輸送・洗濯

マリアが洗わなければならない服は、マリアとヨセフとイエスが着ていたものである。 通常の衣服は、幅が広くゆったりとした下着やチュニックで、通常はリネン製であった。膝やふくらはぎのあたりまで落ちている。ノースリーブでも、腕の途中まで袖があるものでもOK。チュニックは、幅の広い長い麻の帯でできたガードルのようなもので体に固定され、それを何回か巻いていたが、必ずしもスムーズに締められるわけではなく、この巻き方の中にはひだができていて、お金を運ぶのに利用できるものもあった。チュニックの上に羽織るのはマントと呼ばれる外衣で、四角か丸い形をしており、通常はウールで作られていた。

メアリーの日々のほとんどは、間違いなく、まったく普通の日々であった。食事の準備、家や衣類の掃除、さらには毛織物や麻布を織って家族に必要な衣服を作るなど、家事に多くの時間を費やした。

しかし、このような一見単純に見える仕事にも、素晴らしい超自然的な効能があること、そして、自分の仕事をうまくやることで、その仕事の中で第一級の仕事をこなしていることを知っている人のような喜びを持って、一日の終わりに彼女はやってくるのである。 償還作業.


フランシスコ・バロ・ピネダ
ナバラ大学神学部研究部長。
聖書学の教授。

ヴォケイション 
跡を残す

種まきのお手伝い
娑婆
今すぐ寄付する

関連記事