CARF財団

5 2月, 24

ブログ

檀家司祭

教区司祭を助ける8つの方法

教区司祭は教会で最も熱心に働いている人々の一人です。教区司祭を助けることは、司祭の司牧活動や信仰の継承に貢献する有意義な方法です。

教区司祭と 僧徒 今日、かつてないほど多くの魂のケアを求められ、より多くの責任と役割を担っていることは言うまでもありません。従って、彼らに与えられる支援は、彼らの仕事量を軽くし、彼らの霊的なニーズに集中することを可能にします。 コミュニティ.もし信者の一人一人が教会生活のために何か一つでもしてくれるなら、教区司祭の仕事はもっと楽になるはずです。

小教区司祭の司牧的責任とは何ですか?

どのように手助けができるか自問したことがないのなら、ここに8つの方法があります。しかし、最初の推奨は、あなたが助けを提供することを奨励することであることを心に留めておいてください。何かできるかどうか尋ねられるのを待たずに、ただ申し出てください!教区にボランティアとして参加することは、支援と奉仕のしるしです。 

1 - コミットメントが責任感を覚醒させます!

その前に 第二バチカン公会議かつては、小教区のすべての責任と運営は小教区司祭だけに委ねられていました。第二バチカン公会議のおかげで、私たちはもはや、神の言葉を広める仕事に専念するための言い訳はありません。 

洗礼によって私たちはキリストに組み入れられ、司祭的、預言的、王的な3つの務めにそれぞれの方法で参加します。このように、私たちの存在と召命は、司祭とともに神の民を構成するものです。教会生活への私たちの共同参加は、教会の存続にとって不可欠であり、同時に、私たち自身のアイデンティティとキリスト教的使命にとっても不可欠なのです。

それゆえ、秘跡の祝典に積極的に参加し、信仰の使徒的宣教を従順な心で歓迎し、それをあかしすることが必要なのです。教会の完全な交わりの中で、自分の賜物と任務を生きること。このことは、キリストとのより深い関係を見出すための準備となるだけでなく、私たち自身の信仰に対して信徒としてより大きな責任を与えてくれるのです。 教会 そして私たちが暮らす地域社会。 

2 - なぜ典礼への積極的な参加が司祭を支えるために重要なのですか?

第二バチカン公会議はまた、次のように教えています。 聖ミサ 聖体は、キリスト教生活の中心であり、根源でなければなりません。すべての聖体において、復活したキリストの現存は交わりの秘跡となり、共有された信仰は友愛の宴となり、いのちの糧となるのです。この目的のために、私たちは祭儀のすべての部分を 通していく助けとなるような方法と行動をとらなければなりません。そうすることで、"イエスがなさったようにしなさい "というイエスの命令を果たし、集会全体が聖体に "参加する "ようになるのです。

「聖なる母なる教会は、すべての信徒が、典礼の性質そのものが要求する、典礼の祝典への全面的、意識的、積極的な参加へと導かれることを切に望み、また、洗礼の徳によって、キリスト教信徒がその権利と義務を有するのです。 
第二バチカン公会議文書集、会則『サクロサンクトゥム・コンシリウム』(SC)、14。

積極的な参加を促進するために、あなたは強く応答することができ、レクター、祭壇のサーバー、あるいはお祝いの席でカンターになることができます。そうすることで、スペインの司祭の負担が軽くなり、典礼の流れがスムーズになります。

3 - スペインの教区司祭の福祉にどのように貢献できますか?

私たちは教区司祭とその協力者を大切にしなければなりません。多くの人の過労と誤解は、彼らを疲弊させ、挫折へと導くのです。 祈りと優しい伴奏 は、地域社会全体にとってより良いサービスとなるような休息と親密さを与えるような形で、家族や活動の門戸を開いて提供しなければならないサービスです。

4 - 教区司祭と神父様のためにお祈りください。

司祭が司牧活動を続けるためには、皆さんの祈りが必要です。司祭が孤独でないことを伝えてください。教区司祭と司祭のために祈る時間を取ってください。 僧徒 あなたの小教区の人々の福祉、知恵、ミニストリーにおける力を祈ります。 

彼らはそれを求めてはいませんが、彼らを慰め、彼らの使命を続けるために、あなたの祈りを必要としています。祈りによって、彼らがあなたを頼りにしていること、そして彼らが一人ではないことを伝えてください。私たちの祈りが、彼らに、障害を乗り越える力、マリアへの忠実さ、そして世界中に変化を推し進める勇気を与えますように。 あなたの牧師の誕生日がいつであるか知っていますか? 司祭叙階記念日がいつであるか知っていますか?

5 - 小教区グループの参加が地域社会の生活に与える影響とは?

小教区グループは、共通の関心、目的、活動を持つ小教区の信徒によって形成される団体です。これらのグループは、信仰の実践と実践を志向し、通常、共同体の育成、霊的成長、小教区生活への信者の積極的参加を目的としています。

小教区司祭を議長とする小教区司牧評議会は、小教区の司牧活動と教区教会との交わりに関するすべての事柄を研究します。この評議会には各グループと司牧的役割の代表者が参加し、教区司祭と協力して活動を計画することが主な任務です。その活動は、学年が始まる直前の9月に始まり、学年最後の公式行事が終わる6月に終わります。 

教会における特定の召命を発展させることに関心のある人は、自分の人間的またはキリスト教的関心に最も近い小教区のグループに参加することができます。小教区の司祭に尋ねてください。

檀家司祭

6 - 小教区のカテケージスにおいて、どのように協力すれば効果的ですか?

教皇フランシスコが書いておられるように、主は私たちに、「私たち一人一人が、霊的、知的資源を持ち、専門的技術や人生経験を持ち、また、限界や欠点を持ちながら、キリストをすべての人間活動の頂点に据えるという巨大な課題において、より多く、より良く協力する方法を見出すよう努力するように」と呼びかけておられます。生きているキリスト, 162).

カテキスタの信徒としての務めは召命であり、使命です。カテキスタになるということは はカテキスタ然程 カテキスタとして活動.そして、伴走者であり教育者でもある優れたカテキスタが必要なのです。

私たちは、福音を宣べ伝える創造的な人々を必要としています。福音を、自分の人生をかけて、やさしさをもって、新しい言葉を使って、新しい道を開いて宣べ伝える人々を必要としているのです。そして、多くの教区で、多くの大陸で、福音宣教は基本的にカテキストの手に委ねられています。 

7 - あなたの小教区のカリタスグループの一員になりましょう。

慈善活動はカトリック信者としての使命の一部です。小教区カリタスは、小教区共同体のニーズを把握するボランティアグループによって運営されています。 

ニーズが特定され、物資が集まったら、援助を必要としている人々に直接配られます。食料品、衛生用品、衣料品、経済的支援など、さまざまな形があります。

教区や小教区のカリタスの活動の重要性と、最も弱い立場にある人々の食糧、住居、健康、教育などの基本的権利へのアクセスを保証する彼らの努力は、考慮されなければなりません。

教区カリタスは、自然災害や突然の経済危機などの緊急事態にも支援を提供します。カリタスは、緊急避難所、雇用センター、保健サービスなど、補完的なサービスを提供する他の地域の組織や機関と協力しています。

8 - 資金調達

経済的な支援もできます。たくさんでも少しでも。散発的でも、毎月でも、四半期ごとでも、半年ごとでも、毎年でも。また、財団法人や後援会法に基づく団体への寄付には、以下の特典があります。 所得控除 ドナーにとって実際に献金される金額のコストは、その機関が受け取る金額よりもはるかに少ないのです。もちろん、小教区や教区への寄付も同様です。

CARF財団のように、司祭の仕事を支援し、司祭の養成を促進する組織も同様です。司祭もまた訓練を受け、教会の教えや人々へのケアの方法について最新の情報を得る必要があるからです。

あなたが小教区を助け、牧師と司祭を支援することは、小教区の生活と牧師の生活に大きな違いをもたらすことを忘れないでください。牧師や小教区のスタッフに相談し、具体的なニーズや、あなたがどのように貢献できるかを知ることは、常に良いことです。

神の微笑みを地上で分かち合いましょう。

教区の司祭、ゼミ生、修道者のために、お名前と姓をお書き添えください。
今すぐ寄付する
今すぐ寄付する