CARF財団

1 3月, 23

人生の証言

"私は主から離れたが、主は私から離れたことはない"。

"私の優先順位は快楽でした。悪癖のためのお金もあり、自由に行動することもできたが、何か不満が残り、放っておけないものがあった。4月11日の神の慈愛の日に、イエスに心を開き、イエスへの回心を決意した」。彼は現在、「母の家」の奉仕者の修練生であり、CARF財団のおかげで勉強しながら司祭になるための準備をしています。

クリスチャン家庭の平和な子供時代の改心の証

1999年、北イタリアのブレシアで生まれた。1999年に北イタリアのブレシアで生まれ、幼少期から両親のもとで信仰を受け、カトリックの環境にもよく行きました。カテケージス、祭壇係として手伝った日曜ミサ、教区のグラウンドで行われたサッカーの試合などです。神様に感謝しながら、良い子供時代を過ごしたと言えるでしょう」。

2013年、母親が週1回開催されるミーティングに参加するようになった。 母の家の侍女たち -2010年に教区に来られた方で、改宗の証がたくさんあったところです。その中から 会議 の精神的な風潮が高まりました。その年、若い人たちに開かれたハンドメイドの会合が初めて開かれました。これは、その後何年にもわたって行われた多くの会合の最初のものでした。

神に背を向けた苦い思い

15歳のとき、彼は恵みの生活から離れ始め、賢明でない決断をするようになった。さらに、この年齢特有の未熟さも助けになりませんでした。何人かの同級生に導かれて、彼は神と聖母を憎むようになった:".親に知られないように、神を冒涜したり、日曜日のミサに行かなかったりするようになりました」。.学校の成績は下がり始めた。"11科目中6科目が不合格 "という状態で3月中旬に到着しました。3月中旬に11科目中6科目が不合格のまま入学し、楽しくてのんびりした少年から、深い悲しみと苦しさを味わい、それが簡単に怒りに変わりました。その怒りは、私を最も愛してくれている人たち、つまり両親にぶつけられることが多かった」。しかし、両親の親密さは決定的なものだった。両親は、彼の将来を左右するような機会を与えてくれたのだ。

Touched by Grace: A Testimony of Conversion(恩寵に触れて:改心の証し

2015年、彼の両親は、「母の家」の奉仕者たちとともにラス・プレシージャス(スペイン)でしばらく過ごすよう彼を招待しました。彼は、夏休みを勉強に費やすよりも良い選択肢として、この提案を受け入れました。"私は自分自身を発見しました。 7人の宗教家と一緒に暮らす 異国の地で、言葉もわからず、生活習慣もわからず、食べ物のありがたみもわからず、祈りの時間には、よく眠ったり、修羅場のことを考えたりしていたのです。

突然ですが。 神の恩寵が彼の心に触れた。 彼は、この共同体に住むことがいかに美しいか、毎日のミサと聖なる時間に感謝し、聖母のためのロザリオを意気揚々と愛を持って祈り、共同生活の喜びを味わうようになりました。恵みの中に生きることに戻ることで、「私の心には平和と落ち着きと熱意が戻ってきた」。熱意とは、語源的には「神の中に生きる」という意味です。主と母に心を開くことで、私はこの生き方にますます魅力を感じるようになりました。あきらめなければならないものの代償は、手に入れるものよりも重要でないように思えました。

4ヵ月後、彼は自分が人生で本当にやりたいことを見つけたと確信し、イタリアに帰国した。しかし、彼の回心の証はそれだけにとどまりません。「私は、主が望むように生きることはできるが、主なしには生きられないと信じてしまうという過ちを犯してしまったのです。私は、福音書でイエスが私たちに思い出させてくれた、次のようなことを理解していなかったのです。 彼なしでは、私たちは何もできないのです。 そうして私は、再び神から遠ざかる道を歩み始めたのです。

優先したのは喜び

そして、次第に祈ることをやめ、世の中の提案にのめりこんでいくようになった。 17歳でハシシと大麻を吸い始めた。 これらの物質の効果は、彼の中に、ずっと経験したかった喜びを解き放った。しかし、それはすぐに、パーティーで楽しむための手段から、必要なものに変わっていった。18歳になるころには、バーでも問題なく飲めるようになった。"週末が待ち遠しい "と思っていたのは、友人たちと楽しく過ごすためだった。そんな中でも、彼女は「母の家」の奉仕者たちの会合に出席することをやめなかった。認めたくはなかったが。 彼の魂は、主のもとに安住することを切望していた。

そんな生活で、「優先するのは快楽」。勉強は後回しになった。またもや失敗し、親に手を焼いた。 夏の間、ほとんど工場で働かされることになった。 を労働者として経験し、その経験によって成熟することを期待した。9月には学校に戻り、2020年6月17日にようやく卒業した。7月6日、彼はすでに働いていた。"仕事は好きだったし、同僚たちの雰囲気も良かった。何年も前から欲しかったものがすべて手に入った。 自分の悪癖のためにお金を使い、自由に行動し、時間割を組むことができる。 しかし、何か物足りなさを感じていたのです。何かが足りないという思いが常にあり、その思いがだんだんと煩わしくなってきた。その思いは、私を一人にしてくれない。

神の慈悲の助け

2021年4月11日、神の慈しみの日に、何ヶ月も引きずっていたこの内面の状況に疲れ、「私は人生で最も重要な決断をしました:私の心をイエスに開くことです。こうして私は、次のような旅を始めたのです。 くしん 私は何年も前から知っていたのです。毎日のミサ、個人的な祈り、特にロザリオを再開し、霊的な成長を助けてくれる本を読みました。

"ただし、一番役に立ったテキストは 聖ルイ・マリー・グリニョン・ド・モンフォールの「マリアへの真の献身に関する論考」。.また、私の回心に非常に影響を与えたのは、しもべのシスター・クレア・クロケットの人生と召命、そしてテレビで放映された職業や青少年のためのビデオでした。 HMテレビを、EUKマミー財団に寄付しました。この変化によって、私は神が私の人生に望んでおられることを表現することができるようになりました:それは 母の家の使用人」。

2021年10月2日、21歳になったダヴィデは、ポスドクとしてサーバントに入りました。

神のいない人生は、生きる価値がない。

"今、私は毎日、計り知れないほどの喜びと霊の歓喜を体験しています。適切な言葉を見つけることはほとんど不可能です。これが私の回心の証です。聖パウロ6世が言うように、それは簡単な道ではありませんが、幸せな道です。私はただ、すべての人に、自分の計画から神を外すことのないよう助言することができます。 彼の中にのみ、喜びと希望があるのです。 神のいない人生は、生きる価値のない人生だ」。

ジェラルド・フェラーラ
歴史学と政治学を学び、中東を専門とする。
ローマ教皇庁立聖十字学園で学生を担当。

神の微笑みを地上で分かち合いましょう。

教区の司祭、ゼミ生、修道者のために、お名前と姓をお書き添えください。
今すぐ寄付する
今すぐ寄付する