今すぐ寄付する

CARF財団

13 5月, 20

スピリチュアル・コーチング:私たちに必要なもの

この春、福音書は、緑の牧草地で草を食む群れと、それを世話する人という田舎の風景を私たちに提示している。これは中近東の文化に古くからあるイメージで、王を「羊飼い」、つまり食べ物を探して案内し、民を守る者として表現しているのです。

旧約聖書の中で、預言者エゼキエルは、神がイスラエルの羊飼いであることをすでに語っていた。 主なる神はこう言われる:わたしは自ら自分の群れを探し出し、それを養う。 (エズ34,11)。

良き羊飼いであるイエス

イエスの言葉は、エゼキエル書の本文をよく知る者にとっては挑発的なものである。 11 私は良い羊飼いである。良い羊飼いは、羊のために命を捨てる。 12 羊飼いでもなく、羊の所有者でもない賃金労働者が、狼の到来を見て、羊を見捨てて逃げ出し、狼が羊をさらって散らします。 13 なぜなら、彼は賃金労働者であり、羊のことなど気にしていないからです。 14 私は良い羊飼いである。私は自分自身を知っており、自分自身も私を知っている。 (ヨハネ10:11-14)。彼は自らを良き羊飼いとして、つまり、神様のものを自分の仕事として引き受けることを提示します。そして、命を捧げるほどの限りない寛容さと自己犠牲の精神で。これは、彼が十字架上で行ったことであり、私たちが聖週間に祝ったことでもあります。

私たち一人ひとりは、「賢い羊」でありながら、自分を守ってくれる人、自分を知っていて愛してくれる人、自分を導いてくれる人を必要とする「羊」であると言ってもよいでしょう。主は、私たちがその声に耳を傾けることができるように、身近な人を使って私たちの面倒を見、導いてくださいます。これは、教会の伝統では、「霊的指導」または「霊的同行」と呼ばれているものです。みんな必要なんです。

イエスはパウロが回心したとき、その計画を直接明らかにしなかった。とパウロに聞かれたとき。 どうしたらいいのでしょうか? と答えています。 起きて、ダマスコに行きなさい。そこで、あなたがしなければならないことをすべて教えられるでしょう。.そこで彼は、その初期のクリスチャンの一人であるアナニアに、すべてを説明し、クリスチャン生活の最初の瞬間に同伴するように頼んだのである。きっとパウロは、自分の中にあるものを誠実に語ってくれるだろう。彼女は、パウロが示唆することを学び、実践してみたいという思いで、その言葉に耳を傾けたのだ。アナニアは、彼がその良い気質を実践するのを助けるだろう。

会話 フランシスコ・ヴァロ 1

Don Francisco Varo en la Parroquia.

聖パウロに倣って

私たち一人ひとりがそうする必要があるのです。と会うと良いことがあります。 僧侶 そして、私たちの魂をいつも清らかに保ち、キリスト教生活という愛と平和の偉大な戦いのための力に満ちた状態に保つために、告解の秘跡を授けてくださるのです。

サッカーチームには、経験を積んでチームの力を結集する「コーチマン」が必要です。政治家、芸術家、ビジネスマンなどには「コーチ」と呼ばれる専門家がいて、仕事上の成功のためのアイデアやアドバイスをしてくれる。だからこそ、私たちの精神生活を導いてくれる良き "コーチ "が必要なのです...。

私たちの旅に同行する人々が私たちに与えてくれる助けは実に多様です。彼らは私たちのために地平を切り開き、私たちの人生が主の驚異を反映するように、仕事、家庭環境、日常の困難...において明示される、まっすぐなクリスチャン基準を形成するように導いてくれるでしょうし、落胆や困難の時に私たちを励まし、確固たるものを与えるような言葉や助言をしてくれます。

También, con su experiencia, nos puede señalar los obstáculos que encontremos en la vida interior y nos ayudará a superarlos, de modo que la gracia de Dios pueda actuar a fondo en nuestros corazones; nos indicará los medios más adecuados para crecer en el amor a Dios; corregirá con prudencia las posibles desviaciones que se puedan presentar en nuestro camino; nos acompañará en los momentos de desconcierto o de especial dificultad; nos ayudará y animará siempre en la lucha interior; nos alentará a ser fermento en medio del mundo, allí donde las ha situado el Señor…

また、このような個人的な会話の中で、キリストのこの気持ちを分かち合い、皆を助け、使徒のように、福音の良い知らせを地球全体に運ぶ人間になることを助けてくれるでしょう。

このキリスト教養成の手段をどのようにうまく活用すればよいのでしょうか。

まず、できれば毎週決まった曜日と時間を決めて、例えば神父様とこの話をする...というように、不測の事態や計画の変更を乗り越えて、定期的に顔を合わせるようにすることです。WhastsAppでは、必要であれば、会話を聞き逃さないように、予定を少し変更することがとても簡単です。

また、自分たちのことをよく知ってもらうことで、よりよい協力が得られるよう、しっかり準備することができます。 わたしはよい羊飼い、わたしの羊をよく知っている。 -イエスは言う。羊飼いは、最も適切な処方を与えるために、長所も短所もある本当の状況をありのままに知る必要があるのです。

そして、イエスに耳を傾け、学び、より深く知ろうとする気持ちを持って行くことです。 そして、私の羊は私を知っている。

さらに、良い「羊」である人は、イエスと協力して仕事をする「良い羊飼い」にもなり始めているのです。 そして、彼らはわたしの声を聞き、ひとりの羊飼いと共に、ひとつの群れをなすであろう。 (ヨハネ10:16)。神様から遠く離れている人、クリスチャン生活を少し、あるいはかなり放棄している人がたくさんいます。

毎週、神父と静かに話をするか、具体的な決意をしよう。もしそうでなければ、いつ、誰と会えば始められるのか。 相手が私のことをよく知り、助けてくれるように、私は完全に誠実であるか。 受け取ったアドバイスを実践するために、私は毎日努力しているか。

神の父性を間近に感じることができるだろう。また、私たちの母である聖母の母性的な配慮は、私たちが適切な手段を講じるのを見ると、私たちが必要とする神の恵みを躊躇なく得ることができるのです。今日、主が私たちの心に込めた良い願いを実践できるよう、彼女にお願いします。

D.フランシスコ・バロ・ピネダ
Director de Investigación de la Facultad de Teología en la ナバラ大学 y profesor de Sagrada Escritura. Publicado en "Diálogos para comprender".

ヴォケイション 
跡を残す

種まきのお手伝い
娑婆
今すぐ寄付する

関連記事