今すぐ寄付する

CARF財団

8 7月, 24

スペインで司祭になるための5つの条件とステップ

司祭の生涯は、神と周囲の困窮者に仕える召命である。 スペインで司祭になるためには、召命を感じた瞬間から、養成され聖職の秘跡を受けるまで、段階を踏んでいく必要があります。

インペルソナ・クリスティ

「神権は特別な秘跡によって授けられる。聖霊の油注ぎによって、司祭は特別な性質をもって封印され、キリストと同じように行動できるよう構成されるのだ。(参照:第二バチカン公会議『Decree Presbyterorum Ordinis, n. 2』。)

神父になるには?

にする。 僧侶 まず、私たちの心の中にある落ち着かなさを感じなければなりません。 天職 神様の求める道を歩むことです。

天職と識別

があります。 天職が呼び物です。すべての人は聖人になるという普遍的な呼びかけを受けていますが、その方法は人それぞれです。召命には奉献生活、司祭職、独身、結婚が含まれます。

があります。 けんさつ は、生涯にわたって祈り、祈りを通して神の意志を確認するプロセスです。 霊的指導.見極めには、かなりの忍耐が必要です。

参加資格 僧侶 スペイン

  • ローマ・カトリック教会では、男性であることが条件とされています。誰もが神に奉献された人生を歩み始める自由を得ることができるのです。
  • スペイン司教協議会の特定の要件を遵守する。
  • 各教区の特別な要求事項を遵守する。各教区の司教は、将来の司祭の養成と入学に責任を負っています。
  • 神学校で勉強中。
  • 司祭聖化式の秘跡を受けること

スペインで司祭になるための条件1

司祭の使命について "まさにキリストに属しているため、司祭は根本的に人に仕える存在です:人の救い、人の幸せ、人の真の解放のための奉仕者です" ベネディクト16世

スペインで司祭になるためのステップ

には 僧侶 司祭になることは、軽々しく決断できることではありません。何年もかかる旅ですから、心の強さ、確固たる信念が必要です。

自分の小教区、自分のセンター、一言で言えば、その一員になることが基本です。 教会 積極的に祈りの習慣を深め、バランスの取れた献身的な生活を送ることを奨励しましょう。このプロセスは、召命の自覚や識別のプロセスと密接に関係しています。

司祭になるためには、さまざまな知識が判断材料になります。その過程で、候補者はフォーメイターやスピリチュアルディレクターから支援を受けることになります。"それは、職業が成熟した実を結ぶように、守り育てるということです。彼らは「ダイヤモンドの原石」であり、神の民の中で輝くように、注意深く、忍耐強く、人々の良心を尊重しながら働かなければならないのです。".ローマ法王フランシスコ

セミナーに参加する

スペインで司祭になるための最も重要なステップのひとつが、神学校への入学です。

などのセミナーを開催しています。 国際セミナー Sedes Sapientiae をローマで、そして ビダソア国際セミナー 神学生は、司教から派遣され、助祭に任命されるまでの4年間を学ぶために世界中からやってきます。そして、教区に戻り、相応の訓練を受けた後、司祭に叙階されるのです。

への参加 教皇庁立大学

場合によっては、また教区の司教が必要と認めたときにはいつでも、神学生は教皇庁立大学のような、より専門的で国際的な研究センターで訓練を受けることができます。これらは学問的な知識を提供する機関であり、教会の普遍性が生きる旅路でもあるのです。 修道.

CARF財団によって推進される研究センターの場合、これらはオプス・デイが世界中の司教の奉仕のために配置する企業の仕事です。

教皇庁の教育機関で修了したすべての教会学は、適切なライセンスがあれば、世界のどの地域でも司祭職を務める資格があります。

聖職に召される

神学校を卒業した後、司教はあなたを聖職に召し、聖職に就かせることができます。があります。 聖餐式 は、教会と神への奉仕の務めに奉献することです。そのためには、神への完全な献身と自由な処分が必要です。修道会の秘跡は、教会的な機能と使命を行使する権限を与えるものです。3つの度合いに分けられています。

  • があります。 聖職者会議完全な位階を授け、候補者を使徒の正当な後継者とし、教え、聖別し、支配する職を委ねるのです。
  • があります。 長老派彼は、候補者を祭司であり良き羊飼いであるキリストに設定するのです。頭であるキリストの名において行動し、神聖な礼拝を執り行うことができる。
  • があります。 助祭候補者には、神聖な礼拝、説教、指導、そして何よりも慈愛を通して、教会で奉仕するための秩序が与えられます。

"司祭は心理学者でも社会学者でも人類学者でもありません。"兄弟の魂に寄り添うもう一人のキリスト、キリストそのものなのです。

通り過ぎるのはキリストである、79

CARF財団の活動

CARFでは、すべての召命が司祭職に到達することを望んでいます。そのため、キリスト者の皆様には、司祭養成を十分な方法で修了したいと願う候補者を経済的に支援するよう、より一層のご尽力をお願いしています。しっかりとした司祭養成を受けることで、司祭職の実践においてすべての人々をよりよく助けることができるようになります。 牧務.

お客様の声

セデス・サピエンティアエ国際神学校とビダソア国際神学校の居住者は、5大陸で教会に仕えるために最長6年間の養成期間を過ごします。彼らはすでに「どうすれば神父になれるか」ということを自問している。スペインで、そして世界で、司祭になるためのすべてのステップを踏んできた彼らのことを知りたいと思いませんか? 公証人?

司祭になる準備をしているゼミナールは、神の呼びかけに応え、教会の働きのために人生を捧げます。神学校の門をたたくだけでも、みんな苦労しているし、覚悟も決めている。

ヴォケイション 
跡を残す

種まきのお手伝い
娑婆
今すぐ寄付する