今すぐ寄付する

CARF財団

25 10月, 21

“Gracias al estuche de vasos sagrados, he podido celebrar la Eucaristía”

ハンセルとペドロ・アントニオは、ビダソア国際神学校(ナバラ州)で学んだニカラグアの2人の神父である。CARFでは、学業を終えて帰国した神学生に聖なる器一式を贈るのが慣例となっている。両者ともPatronato de Acción Socialに感謝しています。

ハンゼル・レナト・エルナンデスは、2021年5月にビダソア国際神学校(ナバラ州)で神権への初期養成を終えたニカラグア出身の司祭です。での慣例となっています。 CARFでは、神聖な器一式をプレゼントします。 を、学業を終えて帰国する神学生に贈ります。ハンゼルは、Patronato de Acción Socialに感謝しています。

"私の名前は ハンセル レナト・エルナンデス・マルティネス グラナダ(ニカラグア)教区から。2021年5月にビダソア国際神学校(ナバラ州)で司祭職への初期養成を終えました。

精神的・物質的支援

CARF理事会には、精神的にも物質的にも親密な関係を築き、支援していただいたことに感謝しています。2021年5月28日に贈られた神器一式が、今の私の使命に大いに役立っていることをお伝えしたいと思います。 2021年9月3日に司祭に叙階されました。 ニカラグアの中心部にあるサグラード・コラソン・デ・ヘスス・ボアコ・ビエホの教区司祭に任命される。

ブリーフケースの中に入っていた神具のおかげで 私は、地方のコミュニティで聖体を祝うことができました。 病人を見舞い、油注ぎの秘跡を施し、物や家などを祝福することができました。このケースはとても実用的で快適です。

ハッピーフェイス 

神父のおかげで神に近づいた多くの人々の幸せそうな顔を見れば、その投資も決して損にはならないのだ。

感謝し、キリストの福音を宣べ伝え続けることを約束します」。

CARF理事会には、精神的にも物質的にも親密な関係を築き、支援していただいたことに感謝しています。2021年5月28日に贈られた神器一式が、今の私の使命に大いに役立っていることをお伝えしたいと思います。

ハンセル レナト・エルナンデス・マルティネス

ハンセル Renato Hernández Martínezは28歳で、Cavanada(ニカラグア)出身です。パンプローナのビダソア国際神学校で神学を学び、2021年5月に修了した。「ケースに入っていた聖具のおかげで、地方のコミュニティで聖体を祝うことができ、病人を訪ね、油注ぎの秘跡を与え、物や家などを祝福することができました。このケースはとても実用的で快適です」と言います。

Pedro Antonio Martínez Mena氏もグラナダ教区(ニカラグア)の神父で、Colegio Internacional Bidasoaの元学生である。また、CARF財団の評議員会に対しても、神器箱の贈呈に対するお礼の手紙を改めて書いている。

ペドロ・アントニオ・マルティネス・メナ

ペドロ・アントニオ・マルティネス・メナ

「この夏、祖国ニカラグアで体験したこと」。

「私たちは主の祭壇の前で香として焚かれるよう定められていることを知り、この夏、私の母国ニカラグアでの体験を皆さんにお伝えしたいと思います。

わたしは ペドロ・アントニオ・マルティネス・メナグラナダ(ニカラグア)教区司祭、ビダソア・インターナショナル・カレッジの元学生。まず、ナバラ大学で学べたこと、特にビダソアで司祭としての心を形成させてくれたことを神に感謝したいと思います。 実は、CARFのトレーナーや多くの優秀な人たちの協力がなければ、この偉大な仕事を遂行することは不可能なのです。

1年前、聖体顕示に必要なものがすべて入ったカバンをプレゼントされました。 今年の6月12日、私は司祭に叙階され、それを使う時が来たのです.聖職に就いてからも、故郷の小教区であるカンデラリア聖母教会に協力者として残りました。

飾らない地域社会を訪ねる 

週末は、いろいろな地域を訪問しなければなりませんでした。 装飾品やお祝いに必要なものがほとんどないのです。パンデミックや苦難の中にあって、私たちの人々が神を渇望し、飢えているのを見るのは感動的なことです。このことから、司祭は民衆のために心と背中を捧げ、民衆とともにあり、民衆とともに祈り、そして何よりも福音の喜びを民衆に告げるために叙階されているのだと思いました。

CARFと支援者からいただいたケースは、聖体拝領、祝福、病人訪問に必要なものがすべて入っていて、とても重宝しています。 嵐の中で人に寄り添い、共にあることは、どんなに良いことでしょう。こうして私たちは、価値ある聖なるものを手に入れ、聖なる犠牲を祝うことができるようになり、司教たちから託された司牧活動に協力することができるようになるのです。

天職を失うことなく 

私のように、キリストの福音と司祭の心を世界の隅々にまで届け続けるために、何よりも祈りと協力に誘う多くの証言がなされることでしょう。CARFの友人の皆様、イエス、そして司祭養成への惜しみない献身に心から感謝いたします。最後に、預言者イザヤの言葉を思い起こし、結論とします。喜びをもたらす者、平和を宣言する者、良い知らせをもたらす者の足は、山の上で何と美しいことでしょう。

天職を失うことのないように

「聖なる器の場合、私たちは価値ある聖なる器を持って聖なる犠牲を祝うことができ、司教たちが私たちに託す司牧の仕事に協力することができます。

神器リュック

新任の司祭に最も喜ばれる贈り物です。 CARF セイクリッドカップセットこの携帯用バックパックには、秘跡の執行やミサを行うための手段がない場所で必要なすべての要素が含まれています。

聖なる器とは、主の身体と血液を入れるためのものです。神聖なものなので、その目的のためだけに使用され、司教または司祭の祝福を受けなければならない。聖なる容器は、神聖な礼拝にふさわしい品位があり、高貴な金属製、または司教協議会の判断により、それぞれの場所で高貴とみなされるその他の固形材料で作られなければならない。ミサの終わりにいくつかの聖具を清めることに加え、すべての聖具を清潔に保ち、よく保存する必要があります。

パトロナート・デ・アクシオン・ソーシャルでは何をするのですか?

CARFは、その補完的な目的として、社会貢献委員会を通じて、世界中の神父や神学生が司牧活動に専念できるように、教会や小教区の建物の建設・設置・維持、診療所、典礼衣や物品、学校の教材、図書館、病気の高齢司祭のケアや同行、自身の健康管理などに関する問題解決に取り組んでいます。

教会と司祭に仕える 

があります。 CARF社会貢献委員会 は、教会と司祭に奉仕するという当財団の中核的な活動を補完することを目的としています。と貢献します。

  • 司祭が司牧活動に十分な時間を割くことができるように、貧困国の小教区におけるさまざまな作業を物質的に支援すること。
  • 資源の乏しい教会への装飾品・典礼品の提供。
  • 図書館への教義図書の提供。
  • 出身国から避難した司祭または神学生のための医療-健康支援、および同伴者のいない高齢司祭のケアと支援。
  • 被災地における小教区教会、外構、小教区診療所の設置・維持のための寄付。
  • 困難な状況にある国の小教区での礼拝を支援する。
  • 開発協力

神器セット

パトロナートの協力者の活動のひとつに、ローマとパンプローナで学業を終えた神父に聖器や法衣を入れたカバンを贈るための寄付を集めることがあります。"1件あたりの費用は400ユーロです。今年は、ブリーフケースを配るのではなく、ケースの中に神器が入るという斬新なものです。
バックパックのゼミ生にとってより快適で、持ち運びもしやすくなるはずです。神父たちは、とてもいいアイデアだと思った」とパトロナートのリーダーたちは言う。

ヴォケイション 
跡を残す

種まきのお手伝い
娑婆
今すぐ寄付する

関連記事