今すぐ寄付する

CARF財団

3 7月, 24

ルワンジュ=ダニエル・エグベク、アフリカ人司祭

トーゴ初の神父、聖座で外交官になるための勉強を開始

西アフリカ、トーゴのロメに住む少年、ルアンジェ=ダニエル・エグベクは、7歳の時にすでに司祭になりたいと考えていました。

ルーアンジュ・ダニエル・エグベクは、ロメ(トーゴ)大司教区から聖座の外交官としてのキャリアを追求するために司教から派遣された最初の司祭です。しかし、その前に学位を取得しなければならず、そのためにローマの教皇庁立聖十字架大学(PUSC)でキヤノン法を学んでいます。

YouTube ビデオ

7歳のときから司祭になることを望んでいたこと

この若い司祭(1992年)は、西アフリカのトーゴのロメで、カトリックを強く信仰する家庭に生まれました。幼い頃に受けた愛と信仰が彼の中で種となり、7歳の頃から司祭になりたいと強く思うようになりました。 

両親の愛情深く、慈悲深く、保護的なまなざしと、兄弟や家族全員の愛情に包まれて過ごしました。小学校、寄宿学校、高校と、基本的な教育は普通に受けました。 

キリスト教の入信の秘跡を受け、カテキズムを学び、他の多くの少年たちと同じように、数年間は祭壇に立つ少年でした。

識別と聖職叙階の大いなる日

初等科を卒業した後、司祭になることへの魅力と憧れは強く、聖ピオ10世の小神学校への入学を希望するほどでしたが、合格には至りませんでした。

17歳のとき、自分の召命を見極めるために導いてくれた教区司祭の助けを借りて、大祭であるイエスに従うことを決意しました。 

「こうして、私の人生の新たな基礎となる時期が始まりました。この段階は、ノッツェの聖パウロ預言神学校、チッチャオのベネディクト16世哲学神学校、ロメの聖ヨハネ・パウロ二世神学院で相次いで行われ、いくつかの奉仕の後、2018年9月29日の助祭叙階、そして2019年12月21日の司祭叙階へと導かれました。

この上ない喜びであり、無償の贈り物に感謝する機会でした」と感慨深げ。

神権:神からの計り知れない贈り物

「これまで4年間、基本的にはアフリカの小教区で助任司祭として司祭職を務めてきましたが、この間、私たちの主である神の、一人ひとりの人に対する限りない無限の愛が永遠に展開し続けることを、何のメリットもなく体験し、参加することができました。実際、神の主権と摂理を翻訳し、証しするには、私のどんな言葉も不十分でしょう。

ルワンジュ・アルワシオ司祭 アフリカ教会

司教は彼にバチカンの外交官としてのキャリアを追求する資質を見いだしました。現在は 教皇庁立教会アカデミー1701年に教皇クレメンス11世によって設立された普遍教会の機関で、教会で学位を取得した後、特別な課程を経て、若い聖職者を聖座の外交官として養成する役割を担っています。

「そうです、この大役を任されたのは、私の教区では私が初めてなのです」と熱く語ります。 

同時に、同大学でキヤノン法を学びました。 ピーユーエスシーまず学士号を取得し、次に博士号を取得することが目標でした。そのためには CARF財団私はこれらの研究を行うことができませんでした。

CARF財団の支援者の皆様、ありがとうございました。

「親愛なるCARF財団の後援者の皆様、皆様の篤いご寄付に感謝申し上げます。また、長年にわたり皆様の計り知れないご支援の恩恵を受けてきた多くの司祭、奉献者、信徒の方々にも感謝いたします。 ご加護を! 

というのも、ルアンジュ=ダニエルが言うように、この援助は普遍教会、とりわけアフリカのカトリック信者のためのものであり、キリスト教共同体だけでなく、共同体全体の奉仕と発展のために、統合的な養成を受けた優秀な司祭をあてにできるようにするためのものだからです。 

「私の教区でも、アフリカ全体でも、司祭の召命は特に盛んです!

結論として、私はあなた方を主の慈悲に特別な形で委ね、あなた方の最善を祈ります。 教会の母である聖母が、あなた方全員のためにとりなしてくださいますように! PUSC万歳! CARF財団万歳!"


ジェラルド・フェラーラ
歴史学と政治学を学び、中東を専門とする。
ローマ教皇庁立聖十字学園で学生を担当。

ヴォケイション 
跡を残す

種まきのお手伝い
娑婆
今すぐ寄付する