CARF財団

28 4月, 23

ブログ

教皇庁立聖十字架大学とCARF財団との関係

教皇庁立聖十字架大学は、全教会に奉仕する教会研究の高等センターです。創立者は福者アルバロ・デル・ポルティージョで、聖ヨゼマリアの長年の願いを実現させました。1,000の教区と200の修道会から20,000人以上の学生が学んでいます。

サンタクルス教皇庁立大学とCARF財団との関係

PUSCの学術活動は、1984年に、以下の名称で始まりました。 サンタクローチェ教会(Centro Accademico Romano della Santa Croce聖なる父によって「教皇庁」として建立されたこの大学は、現在の大学の種となるものである。 ヨハネパウロ二世 を1990年1月9日に発表しました。

があります。 教皇庁立聖十字架大学 現在、神学部、法学部、哲学部、社会コミュニケーション学部で構成されており、アポリナーレ高等宗教学院もその重要な一部です。

CARF財団とそのトレーニングへの取り組み

世界中から何百人もの司教がこの大学に留学助成金を申請し、CARF財団がその資金を調達して、教区の司祭、神学生、修道者をこの大学の教室で学ばせています。その目的は CARF財団1989年以来、このような若者たちにPSUCで深い科学的・精神的教育を提供することです。

教皇庁立聖十字架大学の具体的な使命は、現代文化との対話を確立しつつ、信仰の知的内容と人間学的豊かさを深めることです。

サンタクルス教皇庁立大学 世界に開かれた教育

があります。 サンタクローチェ は、一方では、世俗文化との対話の中で、世界に対してオープンであることを特徴としています。教育においても研究においても、聖なる科学が真理の探究に貢献できることを自覚し、世界の問題に注意深く目を向けています。

人間学、社会教義、生命の擁護といったテーマが研究対象となります。さらに、教皇庁立聖十字架大学の教授陣の大半は、各知識分野で民間の学術学位を取得しており、この対話が円滑に進むようになっています。

福者アルバロ・デル・ポルティージョの遺志を継ぎ、科学、哲学、経済、社会などの分野の学者や知識人に学術活動を開放し、世界との真の信仰対話に必要な要素を提供しています。

によって受けた最大の霊的な継承の中で 聖ヨゼマリア・エスクリヴァ は、間違いなく、人生の深い統一を培うようにという励ましです。これは、言葉と行いの間の適切な一貫性だけでなく、一方では専門的・知的な形成、他方では精神的・神学的な形成の間に存在しなければならない調和によって示されるものである。

"サンタ・クローチェは、世俗文化との対話の中で、世界に開かれた存在であることを特徴としています"

2016年からPUSCの学長を務めるルイス・ナバロ氏(Luis Navarro)。

なぜなら、CARF財団にとって、神父や神学生が教皇庁立聖十字架大学での研修を受けられることが重要だからです。

まず、ローマはキリスト教の発祥の地だからです!数年前、ローマ法王が ベネディクト16世 ローマの大学の学生を前にして、「ペトロの後継者、つまりペトロの聖職の所在地であるローマで学ぶ可能性は、教会への帰属意識と教皇の普遍的マギストリウムへの忠誠を強めるのに役立ちます」と語った。

永遠の都で強まる全教会との一体感は、ローマでの養成の際にも重要です。多くの聖なる女性や男性が歩いた道を歩くことは、印象的であり、私たち一人ひとりの動機付けとなります。さらに、ローマでは、教会の普遍性に触れることができます。文化も伝統も人種もまったく異なる人々が、イエス・キリストを信じ、宣べ伝え、愛するがゆえに、同時に非常に親密な関係にあるのです。このことを発見することで、神の偉大な家族に属するという、あなたの内面における大きな地平が開かれるのです。

そのため、サンタクルス教皇庁立大学は世界に開かれた教育機関として、以下のような活動を行っています。 稽古 その目的は、学生たちが、自国の男女が時間的現実の中で正確に神と出会うのを助けることができるようにすることです。信者の大半は市民であり、日常生活の中で聖人となることができるような養成を受けることが必要である。

CARF財団の後援者が毎年ローマのPUSCを訪問します

毎年、財団はローマで会合と研修の日を開催しています。支援者や友人は、支援する学生たちと会って話をしたり、昼食をとったりする機会があり、PUSCを訪問して学術、文化、コミュニケーション分野の教員や著名人による講義に参加することができます。

参加者は、実際に実施する ローマ巡礼 国際神学校Sedes Sapientiae、Tiberine Priestly College、バチカンネクロポリスの発掘を同大学の学生たちとともに訪問し、フランシスコ教皇との謁見とアンジェラスを行いました。

旅行中、支援者は、教皇庁立聖十字架大学が他の教皇庁立大学の中でもユニークである理由を知ることができます。3つの主要学部に加え、宗教学研究所やいくつかの研究センターも支援しています。現代では難しい課題ですが、教育を通じて福音化とキリストのメッセージの普及に貢献できるよう、全力を尽くしているのです。

"CARF財団 "の後援者に感謝します。時には、ヨーロッパの若者にとって、教皇庁立聖十字架大学のような一流の大学で教育を受ける機会を得ることは普通かもしれませんが、私の国の人々にとってはそうではないと断言できます。あなたの援助のおかげで、私はローマで学ぶ機会を得て、世界中から集まった他の若い神学生と自分の人生と信仰を共有することができるようになりました。ですから、本当に、私の願いは、神があなたの日々の仕事に祝福を与え、あなたの中にその素晴らしい心を持ち続けてくださることです。

タンザニア・ムワンザ大司教区のゼミ生、Mathias Msonganzilaさん。

書誌情報

- ルイス・ナバロ氏へのインタビュージェラルド・フェラーラ
- CARF財団のバリャドリッド特派員、Mªドロレス・クアドラードとのインタビュー。
- マリアーノ・ファジオ氏インタビュー 28冊目の著書「愛する自由、クラシックを通して」を記念して、マルタ・サンティンの

神の微笑みを地上で分かち合いましょう。

教区の司祭、ゼミ生、修道者のために、お名前と姓をお書き添えください。
今すぐ寄付する
今すぐ寄付する