CARF財団

29 1月, 24

人生の証言

僧侶

「主よ、私の人生はあなたのものです」。

姉たちと両親がコロンビアへ旅立った後、ベネズエラにひとり残されたジョーマン。しかし、旅立つ前、両親は限りない愛情を込めて、最後のクリスマスを彼と過ごしました。両親は、彼がカビマス教区の神学校に入学する際にも同伴しました。ジョルマン・ラファエル・カセレスは当時22歳で、教区の神学校に両手を広げて迎えられました。 

ジョーマンは3人姉妹の末っ子。両親はコロンビアに移住することを決めていましたが、彼が神父になるために神学校に入ろうとしたことに驚きました。両親は彼に、もし彼がコロンビアに残るなら ベネズエラ彼女たちもコロンビアに残るつもりでした。「でも、コロンビアの姉たちと一緒になるのが一番だと言いました。 

神にイエスと言うのは簡単ではありません 

あなたの ファミリー は今、彼をとても誇りに思っています。彼らはカトリック教徒で、最初は驚きましたが、神にイエスと言うことは簡単な答えではないと確信し、彼の決断を支持しました。しかし、ジョーマンは常にそうであったわけではありません。 

に入るまで セミナー彼はいくつかの段階を経ています。彼の職業過程は進歩的でした。その始まりは、幼少の頃、自国の教皇庁の仕事に携わっていたこと。 宣教師の子供時代.若い頃は ユース・ミッション彼は教区の青少年省コーディネーターを務めました。 

ヤング・ミッションの中で彼は、神が自分に仕え、神のためにすべてを投げ出すことを望んでおられるのに、神の声に耳を傾けようとはしなかったのです。だから、神の声をかき消すために、ガールフレンドからガールフレンドへと渡り歩くように、何人かの女の子と会うことを好んだのです。そのうちの一人に神学校に入りたいという願望を打ち明けるまでは。それが彼のものでなかったなら、彼らはよりを戻すでしょう。彼女は無条件で彼を支えてくれました。 

パンデミックの影響 

パンデミックの間、神の声はより大きく彼女の心に響きました。「家で家族と静かに過ごしていると、心が落ち着きませんでした。生活の喧騒を離れ、神に耳を傾ける時間と落ち着きがありました。そのとき、私は自分のプロセスを開始することを決めたのです 職業的 での オンライン". 

その後、職業修養会の間、彼は神のご意志が成就されることを繰り返し唱えました。「主よ、私はあなたを避けてきましたが、たとえ私の命が犠牲になっても、それはあなたのものです」。神学校の学長から「ついにゼミ生になりたいのか」と尋ねられたとき、その疑念は払拭されました。"私はイエスと答え、マリア様のイエスも想像しました。その時、地球全体が一時停止し、私の周りは静寂に包まれました。 

「あなたの強さだけが頼りです」。 

神学校での最初の1年間はとても辛かったです。彼は悲しみと疑念に悩まされました。とても疲れていて、家族から遠く離れていると感じていました。あなたの御心が成就しますように、私には力がありません。そして 信号.神が本当に私を司祭にすることを望んでおられるのか、知る必要がありました。 

数日後、教区の司教総長が彼にこう告げました。「司教はあなたをナバラ大学で学び、スペインのビダソア神学校に滞在させることにしました」。その瞬間、光が彼の苦悩を洗い流しました。彼はショックでした。「自分にはスペインで勉強する能力があるとは思えませんでしたが、これが私が神に求めたしるしなのだと思いました。だから受け入れました。 

神の夢 

今、25歳の彼は ビダソア国際セミナー 彼の夢を実現すること、そして 私の夢は 神様は誰にでも夢を持っています。神は誰にでも夢を持っていて、私たちはただそれを受け入れ、受け取るだけでいいのです。 

彼は、神への、そして神へのイエスを確信しています。 稽古 パンプローナで受ける包括的なトレーニングは、パンプローナの人々の支援に貢献するでしょう。 ベネズエラ."私の国では、カトリック教会は、人々や機関の二極化に直面して対話のためのチャネルとして仲介しています。しかし、何よりも、社会的司牧と彼らは彼らの闘争の中で無力ではないように、信者を伴う". 

21世紀の司祭たち 

そして事実、若者たちは 21世紀の司祭 ヨルマンにとって、彼らは「創造的で独創的であり、教義的形成に優れ、深い内的生活を備えていなければなりません。ジョルマンにとって、彼らは「創造的で独創的で、教義的な形成に優れ、深い内的生活を持ち」、受け取ったものを新しい方法や方法で伝えることができる者でなければなりません。

「今日の司祭の主な困難は、世俗化とデジタル化が進む社会の中で、人々とつながる効果的な方法を見つけることにあると思います」。 


マルタ・サンティン宗教情報を専門とするジャーナリスト。

神の微笑みを地上で分かち合いましょう。

教区の司祭、ゼミ生、修道者のために、お名前と姓をお書き添えください。
今すぐ寄付する
今すぐ寄付する