今すぐ寄付する

CARF財団

22 5月, 22

聖ヨハネ・パウロ2世とその家族

聖ヨハネ・パウロ2世は、人生の大半を両親の肖像画とともに過ごし、2005年4月2日の命日にもこの肖像画を身近に置いていたと言われています。確かに、このような写真は、人によっては懐かしく、悲しい気持ちになるので、このような献身的な行為は一般的ではありません。一方、カロル・ウォジテラさんは、2005年4月2日に天国へ旅立つまで、両親と一緒にいました。

だからこそ、ローマ法王が初めてサラゴサを訪れた際に発表されたディテールは、私にとって驚きではないのです。1982年11月6日から7日にかけて、大司教館で夜を明かし、枕元には両親の肖像画を置くという親切な人もいた。それが誰であろうと、主は彼に十分な報いを与えてくれると思います。イエスが「子供に一杯の水を与える者は、報われないことはない」と言われたことを思い出します。それは優しさのディテールであり、何よりも絶妙なものだった。 チャリティー ということに挑戦し続けています。

ローマ法王の母

彼女の名前はエミリア・カチョロフスカ。その姿は、四角く重厚な顔、大きな目、突き出た鼻など、息子とどこか似ている。貧しい職人の娘であった彼女は、やがて母を失い、苦しい生活を送ることになる。彼女は強い信仰心と熱心な信心深さを持った女性で、特に次のようなことに傾倒していました。 マリア・デヴォーション.彼女は決して健康体ではなかったが、息子キャロルの誕生によって、6年前に出産時に亡くなった娘とは対照的に、健康でたくましい子供の成長を目の当たりにし、強い喜びを感じたという。エミリアは、大尉になるカロルという若い軍人に、理想的なパートナーを見出したのだ。彼女は、彼のマナーや礼儀正しさだけでなく、その奥深さに魅了されたのです。 憐憫.ヴァヴェディツェという小さな町の駐屯地にいたヴォイティラ大尉は、質素な給料で、やや平凡な生活を送っていた。彼は家を離れる時間が長かったが、家に着くと、平和なキリスト教の家庭生活を共有することができた。 祈り と瞑想をしながら、1918年に独立を取り戻した祖国ポーランドの歴史や文学を読みました。ある教皇の伝記作家は、「あの家は小さなナザレだ」と言った。

ローマ教皇ヨハネ・パウロ二世ファミリー1

El papa san Juan Pablo II con sus padres.

幼少期の彼らの喪失感

9歳の時、幼いカロル(通称ロレック)は母親の死を目の当たりにすることになる。彼は45歳で、腎臓炎を患っている。1929年、50歳だった父は、幼い息子の世話をするために軍隊を退役せざるを得なかった。また、長男のエドマンド(23歳)は、医学を学ぶために近くのクラクフに留学していた。この息子は、様々な場所に駐在しています。 病院エドマンドは、父と兄を探すために実家を頻繁に訪れるようになる。しかし、1932年、26歳のとき、エドマンドは猩紅熱(しょうこうねつ)で亡くなってしまう。彼は、ある病気の女性からうつされたのだが、その女性は、自分がやる気になっていた。 治療.

そのような、おおらかでエネルギッシュな性格で、医師という職業に情熱を傾けていた。

天職への道

カロルは父子ともにワドウィツェの家に滞在している。父親は食事の用意をし、掃除をし、子供の宿題を監督する。また、その家では多くのロザリオが祈られているが、これは地上の母がいない中で天の母に近づくための方法である。息子はまず市立の学校に通い、次に市立の高校に通う。彼は多くの科目、特に宗教において優秀な生徒であり、また、ユダヤ人の多いクラスメートの共感を得ながら、サッカーのゴールキーパーとして頑張ることでしょう。の前に 第二次世界大戦市内では、人口の約3分の1がユダヤ人であった。若いカロルは、ユダヤ人が宗教的儀式に細心の注意を払っていることに感銘を受ける。それは時に、空虚なキリスト教会や日常的な信心深さと対照的であった。その何年か後、ローマ教皇としてローマのシナゴーグを訪れた際、「ユダヤ人は信仰における私たちの兄である」と断言することになる。

アントニオ・R・ルビオ・プロ
歴史・法学部卒。ライター、国際アナリスト。
@blogculturayfe / @arubioplo. Publicado en “教会と新福音化”,

ヴォケイション 
跡を残す

種まきのお手伝い
娑婆
今すぐ寄付する