CARF財団

6 2月, 24

人生の証言

僧侶

「歴史は、神がその民を決して放っておかれないことを示しています」。

グアテマラ出身のドン・ルイス・エンリケ・オルティスは司祭になって25年。幼い頃から感じ始め、大学でより強くなった召命に対して、彼は感謝の念を絶やすことはありません。「あなたは良い司祭になるという言葉をよく耳にしたそうです。

現在、このグアテマラ人司祭は、エル・セニョール・デ・エスキプラスの教区司祭であると同時に、エスキプラスの司教総代理でもあります。 サンティアゴ・デ・グアテマラ大司教区グアダルペの聖母南東小教区.2005年から2007年にかけて、司教は彼をローマに派遣し、ローマ大学教会史学科で勉強させました。 教皇庁立聖十字架大学 CARF財団が提供した経済的援助のおかげで、彼は自分の信仰をよりよく理解することができ、また、この数年間、何千人もの信者に信仰をよりよく伝えることができました。ローマ滞在中、彼はティベリーノ司祭学院に滞在し、教会の普遍性に浸り、自らを養うことができました。 

信仰の種

ドン・ルイス・エンリケ・オルティスは幼少の頃、家庭で信仰の種を受け取りました。 ファミリー 神の愛に満たされて彼女は幼い頃から、すべての祝福は神からの贈り物であることを学びました。家族の試練でさえも、決して嫌がるという選択肢はありませんでした。彼女はいつも自分にこう言い聞かせました。

彼の最も鮮明な思い出は、彼の人生を変えた秘跡である初聖体です。準備カテケージスへの入学を知った瞬間から、イエスを福者に迎えたいという切望が彼女の道標になりました。その日が来て、彼女はこの上ない何かを感じました。その時、彼女は家族の言葉を思い出しました。

神職への無言の召命

への呼び出しは 僧職 突然雷鳴が鳴り響いたのではなく、穏やかなざわめきのように、何年もかけて強まっていったのです。神の愛が日々実践されていた家族の影響が最初の反響でした。大学では、グアテマラの限界地域でのボランティア活動で、その種はさらに発芽しました。行く先々で、人々は彼にこう言いました。 僧侶「これは若きルイス・エンリケを困惑させる発言でした。 

それを聞くたびに、彼は驚きました。しかし、彼はすぐに、周りの人々の声を用いて、神が収穫のために奉仕するようにと呼んでおられるのだと理解しました。秘跡の生活と神の愛を感じ、彼は決定的な一歩を踏み出しました。後悔することなく、彼は、自分自身がそれに値しないと感じていたときでさえ、神は彼を驚かせ、良い方であったと断言しました。

ルイス・エンリケ司祭 2

ローマ編:永遠の都で学ぶ

2005年から2007年にかけて、司教の命によりローマに赴き、教皇庁立聖十字架大学で教会史を学び、司祭養成を修了しました。この永遠の都での生活は、彼の宣教のための神からの贈り物となりました。彼はティベリアの司祭学校に滞在し、教会の普遍性を吸収し、信仰の深さを探求しました。

聖十字架大学では、歴史的な知識を得ただけでなく、人類の歴史全体における神の御業に目を開かされました。教会の歴史は、神の御手を示す明白な証言となりました。彼は、教会博士の称号を与えられた多くの聖人や教皇の著作が、今日でもいかに重みをもっているかを知りました。聖霊を通して神から発せられた知恵が、いかに潜在的であり、非常に新鮮であるかを。 

「ローマで過ごした時間は、司祭としての私にとって大きな助けとなりました。なぜなら、私たちの信仰は空想ではなく、信者を神の研究に参加させる強固な基盤があることを信徒に教えることができるツールを得たからです。歴史は、神がご自身の民を決して一人にされることなく、常にご自身を現存させ、さらに他の存在として私たちの生活の中に現存させてくださっていることを示しているからです。 アルター・クリストゥス」。.
グアテマラ出身の司祭、ルイス・エンリケ・オルティス。

司祭の挑戦

ルイス・エンリケ・オルティスの約25年にわたる司祭生活は、数え切れないほどの道を歩んできました。司祭として経験した最も深い体験の中で、彼は神の慈悲が現れる瞬間として病人訪問を挙げています。このような出会いは、単なる奉仕の行為ではなく、人間の弱さの中にある神性に触れる機会なのです。

現代社会で司祭が直面する課題と危険に直面して、オルティス神父は学問的・霊的準備の必要性を強調します。絶え間なく変化し、信仰が困難に直面する世界において、司祭は神の愛という基本的なメッセージを照らす道標でなければなりません。

結論:移動する信仰の遺産

ルイス・エンリケ・オルティス神父の物語は、信仰、召命、奉仕の生きた物語です。サンティアゴ・デ・グアテマラ大司教区における彼の司牧の旅は、個人的な証言であるだけでなく、暗闇の中に光を求める人々へのインスピレーションの源でもあります。神と人間の糸で編まれた彼の人生は、教会の旅路に愛と奉仕と献身の遺産を書き続けています。

神の微笑みを地上で分かち合いましょう。

教区の司祭、ゼミ生、修道者のために、お名前と姓をお書き添えください。
今すぐ寄付する
今すぐ寄付する