CARF財団

21 3月, 23

人生の証言

アウグスティヌス、マイルス・クリスティの宗教者:「日曜キリスト教徒」から司祭へ

アグスティン・セギは、マイルス・クリスティ・インスティテュートに所属する29歳の若いアルゼンチン人修道者です。彼はCARFの奨学金を得て、ローマの教皇庁立聖十字架大学で神学のバカロレア課程を学んでいます。弟のマリアーノも同じ修道会に所属しており、来年からUPSCに参加する予定です。

アウグスティヌス、マイルス・クリスティの修道者

マイルス・クリスティ・インスティテュートの若き宗教家であるアグスティンは、ブエノスアイレス州のアヤクーチョで生まれました。アルゼンチンの広大な平原で、農業と牧畜がこの地域の経済の柱であり、「ガウチョ」が社会・文化生活の主人公となっています。

 家族でカトリックの教育を受けていたにもかかわらず、アウグスティヌスは、職業的な召命を受けるまでは、イタリアで言うところの「日曜キリスト教徒」だった。しかし、大学で医学を学び始めたとき、すべてが変わりました。彼は、「日曜キリスト教徒」から司祭になるまでの、「マイルス・クリスティ」への召命の証しを語っています。 

 クリスチャンであること、ただ行うだけでなく 

18歳のとき、医学を学ぶためにブエノスアイレスに引っ越したのですが、そこで、信仰を喜びをもって生きている多くの友人たちと出会うことができました。日曜日にはミサに行くので、自分は「実践的なカトリック教徒」だと考えていましたが、それ以外の週(と日曜日)は、自分が信じていることにまったく一貫性がないことに気づきました。 再転換のような感じでしたね。 

神の恵みにより、私は信仰の真理をより深く知りたいという願望を持つようになりました、 を、すべての人が人生の中で問いかける答えを見つけるために: 私は祈り、聖餐式に頻繁に参加し、マイルス・クリスティ形成グループ、ミッション、リトリート...に参加するようになりました。

聖イグナチオの霊性修練書

 20歳の時、ロヨラの聖イグナチオの方法に従って初めて修養会を行いましたが、そこから自分の召命を見極めるようになったと言えるでしょう。多くの瞑想と祈りの後、また、召命のために祈る多くの人々の祈りのおかげで、私は神とその神の摂理に自分を委ね、思い切って行動することを決めました。

に22歳の時に入社しました。 インスティテュート マイルス・クリスティ アルゼンチンにおける.そこで、私は養成所で修練を積み、勉強をし、養成所の使徒職(子供のためのカテケージス、青少年グループ、大学グループ)を手伝いはじめました。この間、私は、神様が私にもっと密接に従うようにと招き、私に与えようとされた計り知れない贈り物、完全に自分を捧げることで見出される喜び、そして神様が教会を通して魂に与えてくださるすべての善を体験し、生きることができた。

Ángel Alberto Cepeda Pérez - ベネズエラからのセミナー生 - 神学生 - ローマ - CARFの体験談

この写真には、アグスティン・セギ(左)と弟のマリアーノ(右)、そして中央には彼の信徒の一人である「アグスティン・セギ」が写っています。 マイルス・クリスティ・インスティテュート 彼らの使命は、まず第一に、聖なるもの、神のより大きな栄光のために、熱意をもって自らを捧げ、努力することである。 若い大学生を中心とした信徒を聖化する。 

「CARF財団の皆さんは、神の恩恵を受けて良き司祭を育成するための協力者であり、世界中のあらゆる場所に届く膨大な仕事をされています。そのおかげで、勉強中の私たちだけでなく、私たちが受け取ったものを伝えることができるすべての人たちが恩恵を受けると信じています」と、Agustin de Miles Christiは断言しています。

非常に重要な責任

に呼ばれているのです。 私たちの住む社会を再び福音化することが緊急の使命です; ある人は家庭で、ある人は学校や大学で、ある人はクリスチャン生活の証しによって、仕事や勉強の努力を神に捧げ、同僚や友人と一緒に使徒職を行う...それぞれ自分の召命に従って、しかし、すべては一緒に、同じ目的のために。

だからこそ、CARF財団のメンバーである彼らは 篤志家 と、良い司祭を形成するための神の協力者である、 彼らは膨大な量の仕事をこなしている、 そのおかげで、マイルス・クリスティを学ぶ私たちだけでなく、それを受け継ぐ人たちまで、多くの人が恩恵を受けることができるのです。

「ある人は家庭で、ある人は学校や大学で、またある人はキリスト教的生活の証しをもって、仕事や勉強の努力を神にささげ、同僚や友人と一緒に使徒職を行うのです。それぞれが自分の召命に従って、しかし、すべてが一緒に、同じ目的のために」。

マイルス・クリスティの召命に対応することは、彼女に言い続けることです。 はい 日々、神様に

マイルス・クリスティへの召命というテーマで話をするとき、私自身は、その召命に応えることが物語の終わりではないことを思い出すことがとても役に立つと思います。当たり前のようで、実は始まりに過ぎないのです。と思われるかもしれませんが、それは最初の はい 其の方 てんにつかえるが、現実には は、最初の はい 持ち 受けいれる いただく 神の下 感謝の気持ちでいっぱいです。

彼は永遠に私たちにすべてを与えるつもりだったのですそしてさらに:それは私たちだけの利益ではなく、多くの、多くの人々が何らかの形でこのことに参加するのです。司祭召命の場合は、それが非常に明確です。確かに人は自分を捧げますが、この自分を捧げることによって、人はすべてを手に入れることができるのです。

神様は、あなたにすべてを与えてくださる方

としか思っていなかったので、最初はこれがなかなか見えてきません。 天職 マイルス・クリスティは、神様が私に求めていることなので、その答えは、その人次第です。 吾が輩 の寛容さです。しかし、この考え方は正しい視点とは言えません。神様はすべてを与えてくださるお方です。

特に天職を決めるとき、物事の本質を見極める手助けをしてくれる人を頼れるのは、とても良いことだと思います。私は、このような機会を与えてくださった神様にいつも感謝しています。 せいしんてきしどうしゃ 私の人生の大切な瞬間に、父として寄り添ってくれる。

CARFの後援者に感謝

あなたの助け、神と教会への奉仕に心から感謝します。ローマにいることができ、世界中から集まった同僚たちの司牧経験を知ることができ、最高学府の教授陣がいることは、非常に豊かなことであり、私はとても幸運であると感じ、感謝しています。

ありがとうございました!

あなたはいつも私の祈りの中に存在しています!私はあなたの祈りに身を委ねます!

この中で ライナップ Agustínのビデオを見ることができます。

ジェラルド・フェラーラ
歴史学と政治学を学び、中東を専門とする。
学生を担当する
ローマ聖十字大学

神の微笑みを地上で分かち合いましょう。

教区の司祭、ゼミ生、修道者のために、お名前と姓をお書き添えください。
今すぐ寄付する
今すぐ寄付する