今すぐ寄付する

神父とは?

«El sacerdote está al servicio de los hombres: es ministro de su salvación, de su felicidad, de su auténtica liberación», Benedicto XVI.
詳細は以下をご覧ください。

神父とは、何を、誰がするのか?

«Los presbíteros, los sacerdotes, son en la Iglesia y para la Iglesia una representación sacramental de Jesucristo, Cabeza y Pastor», 聖ヨハネパウロ2世.

神父の場合 となる 聖職の秘跡を受ける者は、自分の体と霊、すなわち自分の全存在を主に捧げ、「特に、神の名において、聖礼典の告解において、キリストの体と血の犠牲を行い、罪をゆるすときに、主を利用する用意ができている」のです。

この2つの秘跡の執行は、司祭の使命の中心であり、他のすべてはこれを中心に回らなければなりません」。 聖ホセマリア.
司祭の使命については、「まさにキリストに属するがゆえに、司祭は根本的に人に仕える存在であり、人の救い、人の幸福、人の真の解放のための奉仕者である。
ベネディクト16世 - GA 24/06/09

司祭の使命

「この神権は聖職者的なものです。主がご自分の民の羊飼いたちに託されたこの務めは、真の奉仕です』(CV II, LG, 24)」。

これが司祭の尊厳の理由であり、それは個人的なものではなく、教会的なものです。彼らがパンとぶどう酒を主の体と血に変えるたびに行う秘儀の尊厳は、キリスト教全体に意味を与える信仰の理由なのです。

理解力、正義感、仕事(ここでは司祭としての仕事)、慈愛、教育、他人への優しさなど、キリスト教徒や誠実な人にふさわしい美徳に感心させられます。
キリスト教信者は、司祭としての性格が明確に強調されることを期待しています:司祭が祈ること、秘跡を管理すること、どのような種類の人であれ、すべての人を歓迎する用意があること、聖ミサの祭儀に愛と献身を込めること、告解室に座ること、病人や苦しんでいる人を慰めること、困っている人に助言と慈愛を与えること、カテケージスを伝えること、神の言葉を宣べ伝えること、たとえ完全に知っていたとしても、救い、永遠のいのちに導く科学ではない、他の種類の人間科学ではないこと。

「神こそ、結局のところ、人々が司祭に見出したいと願う唯一の豊かさなのです」。ベネディクト16世、2009年3月16日演説。
そのアイデンティティは何なのか?
聖ホセマリアは問いかけます。すべてのキリスト者は、キリストの分身(alter Christus)ではなく、キリストの分身(ipse Christus)であるべきなのです!しかし、司祭においては、これはすぐに、秘跡的な方法で与えられます。

聖ホセマリア、永遠の司祭、13-04-1973。
「私たちのアイデンティティは、御父の愛を究極の源としています(中略)司祭の生活と務めは、キリストご自身の生活と行いを引き継ぐものです」。

聖ヨハネ・パウロ二世メッセージ、1990年2月11日。

なぜキリストは祭司の務めを制定されたのでしょうか?

司祭職はそれ自身のために存在するのではなく、"キリスト者の共同体を形成し、それが市民社会に信仰と愛を放つことができるようにする "ために存在するのです(福者アルバロ・デル・ポルティージョ-司祭職に関する著作)。(福者アルバロ・デル・ポルティージョ-司祭職に関する著作)。

司祭のアイデンティティは秘跡的にキリストのアイデンティティであるため、司祭の忠誠はキリストの忠誠に対応する。したがって、司祭の聖性は、秘跡の客観的な効果のためだけでなく、司祭があらゆる職責において信徒に提供する奉仕の完全な未来のためにも必要なのである。

"その違いは本質的なものであり、程度の差だけではないが、[洗礼あるいは共通の神権と聖職の神権]は互いに叙階されている"。
"司祭職は聖体とともに上座の間で生まれた "と、私の尊いヨハネ・パウロ2世がたびたび強調しているようにです。彼は聖木曜日の最後の手紙(n. 1)で、'司祭の存在は特別な肩書きとして聖体の形を持たなければならない'と書いています。司祭の生活のまさにこの "聖体形態 "こそが、その独身状態を幸福なものとし、それは、配偶者の愛をもって教会に属するという彼の献身を立証し、すべての魂に奉仕する司牧的慈善を彼のうちに絶えず刺激するからです」(n. 2)...。
ベネディクト16世 - 2005年2月04日。

ヴォケイション 
跡を残す

種まきのお手伝い
娑婆
今すぐ寄付する