CARF財団

22 4月, 20

専門家向け記事

新たな親近感

コロナウイルスという世界的な危機は、私たちの人生の意味や世界のあり方について考えることを促しています。教皇フランシスコは、新聞「La Repubblica」(18-III-2020)と「La Stampa」(20-III-2020)の2つの短いインタビューに答えています。その中で彼は、この劇的な時代を生き抜くためのアドバイスを与え、友愛に基づく新しい親密さを再発見することを提案しています。

コンクリートの価値

1.第一に、それを指しています。 些細なこと、具体的なこと、気配り、思いやり。 日常生活の匿名性の中で見失われがちな小さな仕草、優しさ、愛情、思いやりのある仕草がありますが、それらは決定的で重要なものです。例えば、温かい料理、愛撫、抱擁、電話...これらは、人生を有意義なものにし、私たちの間の交わりとコミュニケーションを可能にする、日々の細部への配慮を示す身近な仕草です」(同)インタビュー 18-III)

教皇は、私たちは教皇が呼ぶものを発見すべきであると強調しています。 "新しい親近感" テレビや携帯電話を超えて、家族の中で親と子の関係を改善し、それぞれのニーズや努力、欲求に寄り添う「気遣いと忍耐でできた具体的な関係」と表現しています。ある」とフランシスコは断言する。 具象語 を保護する必要があります。私の考えでは、この時代の痛みは、私たちを具体的に開かなければならない」(同上)。

連帯と祈り

多くの人が愛する人を失い、多くの人が他の命を救うために奮闘しているとき、教皇はペテロの後継者として彼ら全員のために祈り、支え、この具体的な感受性を示す手本となることに感謝します。と問いかけます。 仲良しこよし 大切な人を亡くした人の、あらゆる方法で寄り添おうとする。慰めは今、みんなのコミットメントでなければならない」(アイビー.).

の記事に感銘を受けたというフランシスコ。 ファビオ・ファジオ 最近学んでいることについて中でも、このような状況下で十分なベッドや呼吸器を確保するための税金という倫理的な問題があります。

という質問に対する答えが、最近の教皇の雰囲気をよく表している。 このご時世、信じない人はどうやって希望を持って生きていけばいいのでしょう。

その回答を集めておくと、じっくりと読むことができるようになります。

"私たちは皆、神の子であり、神の視線の下にいる。まだ神様に出会っていない人たちにも 信仰の賜物を持っていない人たち は、その方法を見つけることができます。 を、自分たちの信じる良いものに彼らは、子供や家族、兄弟姉妹への愛に強さを見出すことができるのです。私は信者ではないので、祈ることはできません」と言うことができます。しかし、同時に彼は周囲の人々の愛を信じ、そこに希望を見出すことができる」(同上)。

フランシスコ法王 1 1

パンデミックの終結を祈るローマ法王フランシスコ

連帯と祈り

2.これを生きるために イースター「ビハインドクローズドドア フランシスコは3つの言葉で回答を提案します。 懺悔、慈愛、希望。 の補数で けんそんなぜなら、人生には「暗い部分」「暗い瞬間」があることを忘れてしまいがちだからです。誰かにしか起こりえないことだと考えています。その代わり、この時間は誰にとっても、排除することなく暗いものです。それは、私たちの家庭に忍び込んだ痛みと影に象徴されるものです。私たちがこれまで生きてきた時代とは異なる状況です。また、誰もが冷静ではいられないからこそ、このような困難な日々を皆で分かち合っている」(インタビュー 20-III-2020)です。

教皇は、四旬節が私たちに次のようなことをもたらすと示唆されています。 いみふめい他者、特に苦しんでいる人と連帯して見る訓練」です。すべてのもの、すべての人を新たに照らす光の輝きを待っている」(Ib.).

今、私たちは、そのことを再認識するときなのです。 がんもう使徒たちが主に向かって叫んだように。 ご主人様、私たちは溺れそうです祈りは、私たちの弱さを理解させてくれます」とフランシスコは説明します。貧しい者、沈んでいく者、危険を感じる者、孤独な者の叫びである。そして、困難で絶望的な状況の中で、主がそこにいることを知り、縋ることができることが重要なのです。アイビー.).その後 神は私たちに強さと親しみを与えてくれる.ペテロのように、嵐の中で私たちを引っ張る手を差し伸べてくれるのです。

について再度質問される。 信者でない人:どこで慰めや励ましを得ることができるのか? そして、前回のインタビューと同じような回答をして、「信者と非信者を区別したいわけではない」と明言する。"私たちは皆、人間であり、男である。 私たちは皆、同じ船に乗っているのです。 そして、キリスト教徒にとって、人間は何一つ異質なものであってはならないのです。ここでは、苦しむから泣くのです。全部です。 私たちは人類と苦しみを共にしている.私たちは、多くの場所で生まれる団結、相互協力、責任感、犠牲の精神に助けられているのです。信者かそうでないかを区別するのではなく、根源である人間性にまで踏み込まなければならない。神の前では、私たちは皆、子供です」(アイビー.).

ルーツ、友愛、希望

孤独に死んでいく病人を前にして、教皇は感謝し、感謝します。 医療従事者が提供する快適さと親密さ。 異常な疲労にもかかわらず、家族の強制的な不在を補うために忍耐と優しい心で身を屈めてくれた看護師、医師、ボランティアの皆さんに感謝します」(アイビー.).

そして最後に、この経験はどのような意味で役に立つのかと問われる。 将来に向けて.教皇は、これを普遍的な兄弟愛を再発見する機会と捉えている。「人類が一つの共同体であることを、人々に改めて認識させるためだ。そして、普遍的な兄弟愛がいかに重要であり、決定的なものであるかということです。戦後のようになることを考えなければならない。もはや「他者」は存在しないが 私たち」は「私たち.一緒にこの状況を打開するしかないからだ」(同)。

人間として、彼はこう結論付けています。 は、そこから再スタートします。 「今一度、祖父母や年長者のルーツに目を向けなければならない。私たちの間に真の友愛を築くために。この困難な経験を、みんなで一緒に思い出すために。そして、決して期待を裏切らない希望を持って前進していくこと。ルーツ、記憶、兄弟愛、希望、これらが再出発のキーワードになるでしょう。同上)。

「そして私は尋ねる 仲良しこよし 大切な人を亡くした人の、あらゆる方法で寄り添おうとする。これからは、慰めがみんなのコミットメントになるはずだ」。

ラミロ・ペリテーロ・イグレシアス氏
牧会神学教授
神学部
ナバラ大学

教会と新福音化」に掲載されました。

神の微笑みを地上で分かち合いましょう。

教区の司祭、ゼミ生、修道者のために、お名前と姓をお書き添えください。
今すぐ寄付する
今すぐ寄付する