クリスマスをどう生きるか?

彼は、世界が必要とする真実、善、光、そして平和をもたらしたのです。彼は、すべての男性と女性を罪の圧制から解放するために来たのです。そして、自分を迫害する者、自分を憎む者たちのためにも命を捧げ、彼らも救われるようにしたのです。彼らが幸せで永続的な人生を送ることができるように。

だからこそ、今日のクリスチャンのクリスマスは

それは パーティ それは愛と自由の饗宴であり、逆境にひるむことなく、心の中に湧き上がる良いものを自由に、自信を持って語ることです。結婚と家族の現実がいかに素晴らしく、いかに喜ばしいものであるか、子供の笑顔がいかに美しいか、ほとんど言葉を発しない病気の祖父母の愛情に満ちたまなざしがいかに優しいかを認識する良い機会である。私たちの住む社会をリアルに、そして楽しく見つめることができる機会です。

「イエスよ、飼い葉桶に横たわるあなたは、私の命のパンです」。

教皇フランシスコ講話クリスマスミサ2018

クリスチャン・クリスマス

 を持参してください。 万人への呼びかけ お互いの違いや意見、在り方を尊重し、正気に戻るための善意です。 探そう が重要なのです。 個人的な利己主義を超え、すべての人間の真の利益を追求します。 それは、楽観、光、和解、喜び、平和の饗宴です。

クリスチャン・クリスマス

「優しさ、忍耐、喜び、寛容の道を人生をかけて照らすとき、クリスマスはあなたなのです」。

ローマ法王フランシスコ

いくつかのヒント

そして、そのような楽観主義、喜び、平和は、次のような場合に現実のものとなります。 私たちの心にイエスを誕生させるを啓発してくれますように。

これらのヒントは
a) キリスト降誕の場面をつけて、子供たちに説明し、その場面を追体験しながらそこで祈る。
b) 真夜中のミサまたはその日のミサに特別な注意を払いましょう。良い告白で良い準備を
c) 自分を必要としている人たちに、特に家族や親しい人たちに、自分の時間と愛情を注いでください。


フランシスコ・ヴァロ・ピネダ氏
リサーチディレクター
ナバラ大学
神学部
聖書学教授

若者と実生活

ハンガリーの若者たちは、ほぼ予行演習のようなもの。 WYDリスボン, 教皇は明確で熱心でした(参照)。 でのスピーチ パップ・ラースロー ブダペスト・スポルタレーナ 2023年4月29日).教皇フランシスコは若者たちに、自分たちのルーツ(人生の条件)について、そして何よりもキリストについて語ることを怠りませんでした。教皇フランシスコはハンガリーの若者たちに、既成の答えは通用しないと語りました。それは"キリストは肉なる神私たちの近くに来てくださる生ける神であり、最高の友である友であり、最高の兄弟である兄弟であり、質問をするのがとても上手な方です。福音書では、実際、先生である方、 答えを出す前に質問".

教皇フランシスコ、若者たちへ

若い人もそうでない人も、偉大なことを望む人たちに対して、彼は「人は人の上に立つことによって偉大になるのではなく、人のために身を低くすることによって偉大になるのであり、人を犠牲にするのではなく、人に仕えることによって偉大になるのである(マコ10:35-45参照)」と教えています。

教皇フランシスコから若者たちへ

イエスは私たちに次のように教えています。 リスク高みを目指すだけでなく 電車.A 寄らば大樹の陰 友人たちと、携帯電話で。教皇フランシスコはまた、若い人たちに「流れに逆らうことを恐れず、毎日立ち止まって祈る静かな時間を見つけなさい」と言いたかったのです。今日、あらゆるものが私たちに機械のような効率性を求めているように見えますが、私たちは機械ではありません。同時に、私たちはしばしば燃料が不足しているように感じるのも事実です。 沈黙の中で自分自身を収集するために。

教皇にとって、「沈黙は、私たちができる地形です。 実りある人間関係の構築なぜなら、私たちが生きていることをイエスに打ち明け、顔と名前を伝え、不安をイエスに委ね、友を思い、彼らのために祈ることができるからです」。

ドキュメンタリー ローマ法王 フランシスコ アーメン

さらに、「沈黙は私たちに次の可能性を与えてくれます。 私たちの人生に語りかける福音のページを読む私たちは神を礼拝し、心に平安を見出さなければなりません」。

しかし、教皇フランシスコは若者たちにこう付け加えます。 人の心を読む; a 自然観察 そうすることで、私たちは人工的なものに接するだけでなく、私たちを取り囲む美を発見することができるのです」。

しかし、ローマ法王はすべての若者に対して、次のように強く述べています。沈黙とは、携帯電話やソーシャルメディアに釘付けになることではありません。 やめてください。 人生はバーチャルではなくリアル人生はスクリーンの中で起こるものではありません!人生をバーチャル化しないでください。繰り返します: バーチャル化しない人生それがコンクリート。

パパ3

これは 電話 教皇フランシスコの リアリズムへというのも、「...」には沈黙が必要だからです。沈黙は祈りへの扉であり、祈りは愛への扉です。".フランシスコは祈りにおいて、「恐れずに、あなたの内なる世界に起こるすべてのこと、すなわち、愛情、恐れ、問題、期待、思い出、希望、すべて、たとえ罪であっても、イエスのもとに持って行きなさい」と助言しています。イエスはすべてを理解してくださいます。祈りは人生の対話であり、祈りは人生です。

愛と奉仕のために

リアリズムと人生.教皇フランシスコが若者たちに警告する今日の危険とは、「。偽者自分の能力を過度に信頼し、同時に、見栄を張るために見かけだけで生きている人。しかし、福音書にあるように、私たちが本物であり、自分の限界を認め、自分の罪や欠点と戦いながら前進するならば、主は私たちと共に偉大なことをしてくださいます。

教皇フランシスコは現代の若者に何を求めているのでしょうか?

そして最後に、教皇フランシスコは若者たちに次のように自問するよう勧めています。私は人のために何をしていますか?社会のために何をすべきか、教会のために何をすべきか、敵のために何をすべきか、自分の利益のために生きるのか、他人の利益のために生きるのか、自分の利益のために生きるのか。 誰かのために(...)私たちの無償性、愛する能力について自問してみましょう、 イエスに従って愛すること、すなわち、愛し仕えること。 福音書に登場する、イエスを信じる青年のように。Y なけなしの金をはたいて 昼食のために。そして、イエスは食物の増殖の奇跡を行われます(ヨハネ6、9参照)」。


ラミロ・ペリテロブログ提供 教会と新福音化 21-V-2023.

私たちの主イエス・キリストの身体と血の祭日

2023年 聖体降臨祭:わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は永遠のいのちを得る (ヨハネ6・51-58)

私は天から降ってきた生きたパンである。だれでもこのパンを食べれば、永遠に生きる。私が与えるパンは、世の人々の命のための私の肉である。

ユダヤ人たちは、自分たちの間で議論を始めた。-どうしてこの人は自分の肉を私たちに食べさせることができるのでしょうか?

イエスは彼らに言われた。「まことに、まことに、あなたがたに言うが、人の子の肉を食べ、その血を飲まなければ、あなたがたのうちにはいのちはない」。私の肉を食べ、私の血を飲む者は永遠の命を持ち、私は終わりの日に彼をよみがえらせる。私の肉は真の食物であり、私の血は真の飲み物だからです。

私の肉を食べ、私の血を飲む者は、私の中にとどまり、私も彼の中にとどまるのです。 私をお遣わしになった父が生きておられ、私が父のゆえに生きているように、私を食べる者も私のゆえに生きるのです。 これは天から下ってきたパンであって、先祖たちが食べて死んだようなものではありません。このパンを食べる者は、永遠に生きるのです」。

ブレッド・オブ・ライフ スピーチ

聖体の祝日には、キリストが聖体の神秘を啓示されたことを祝います。 彼の言葉は、比喩的な解釈を排除するほど強いリアリズムを持っている。 聞き手は、イエスの言葉の適切かつ直接的な意味を理解しているが(52節)、そのような発言が真実であるはずがないと信じている。

もし、それが比喩的、象徴的な意味で理解されていたなら、これほどまでに驚きを与えず、議論も起こらなかっただろう。 このことから、パンとぶどう酒がキリストの体と血に変わることによって、キリストがこの聖餐式に現存されるという教会の信仰も生まれてくるのです。.

"トレント公会議は、カトリックの信仰を次のように要約している。"私たちの贖い主であるキリストは、パンの形で捧げたものは真にキリストの体であると言ったので、この確信は常に教会で維持されており、聖公会はこれを新たに宣言する。パンと葡萄酒の奉献によって、パンの全実質の体の実体への変化が行われるのである。 キリストの体 カトリック教会はこの変化を正しく適切に "超実体化 "と呼んでいる(DS 1642)」。 カトリック教会のカテキズム、n.1376.

この講演では イエスは3回比較する (cfr.31-32.49.58)。 は、神が荒野で40年間ヘブライ人に毎日食べさせたマナと一緒に、真の命のパン、ご自身の体を食べさせました。.このように は、私たちの魂に頻繁に御体の食物を与えるようにと呼びかけています。

「天使のパンをパンとマナに例えると、弟子たちは次のように簡単に推論することができた。 クリスチャンの魂は、毎日、天のパンを食べ、楽しむことができるのです。.さらに、教会のほとんどすべての聖なる教父は、日曜日の祈りで求めるように命じられている「日々のパン」は、物質的なパン、肉体のための食料というよりも、聖体のパンを日々受けることと理解すべきであると教えています」。 S.Pius X, Sacra Tridentina Synodus, 20-XII-1905.

三位一体の主日の次の日曜日には教会は、キリストの至聖なるからだと血の記念日である聖体顕示を祝います。.これが正式なタイトルですが、通常は旧ラテン語の「...」で呼びます。コーパスクリスティ".その最初のタイトルが「Festum Eucharistiae」であったというのは、興味深い。

ドン フランシスコ・バロ・ピネダ
リサーチディレクター
ナバラ大学
神学部
聖書学教授

ペンテコステ:同行し、方向づけ、励ます友人

ペンテコステの日が来ると、彼らはみな一か所に集まっていた。すると突然、天から大風が吹き荒れるような音がして、彼らが座っている家全体に満ちあふれた。すると、火のような舌が現れて、それが分かれて、彼らの上にそれぞれとどまった。彼らは皆、聖霊に満たされ、御霊が語らせるままに他の異言で話し始めた。
使徒言行録2,1-4

五旬節

ユダヤ人にとっては、三大祭の一つである。当初は穀物の収穫(初物)に対する感謝であったが、これに律法の授与の祝祭、つまり "取扱説明書 "です。 イスラエルに知恵を授けた、世界と人間の。聖霊降臨祭は、律法に現された神の意志に常に従って生きるという契約の祝祭であった。

シナイの饗宴

聖ルカは、漆黒の闇を表現するために、次のような画像を用いている。 聖霊 ペンテコステの風と火は、神がイスラエルの民にご自分を現し、契約を結ばれたシナイを暗示している(出エジプト19:3 ff参照)。イスラエルが過越の祭りの50日後に祝ったシナイの祭りは、契約の祭りであった。火の異言について語るとき(cf.使徒2、3ルカは、上座部会を新しいシナイ、つまり神が決して放棄しない教会との契約の饗宴として提示したいのである。

聖霊降臨祭での教皇フランシスコの言葉、聖霊の働き、2021年ローマでの出来事

聖父は、この聖霊降臨祭2023年に、カトリック教会のすべての司牧者と信徒が、聖地のカトリック司祭団とともに、「イスラエル人とパレスチナ人が対話と許しの道を見出すことができるように」、聖霊を呼び起こす祈りに加わるよう求めています。

聖霊降臨祭の日

ペンテコステの聖霊の力によって、彼らは、その起源やメンタリティに関係なく、すべての人に理解されるようになります。 エルサレムには、天下のあらゆる国から集まった敬虔な人々であるユダヤ人たちが住んでいた。騒ぐと、群衆は集まってきて、それぞれが自分の言葉で話しているのを聞いたので、当惑していた。

彼らは驚いて言った、「話しているのはみなガリラヤ人ではないか。 それなのに、どうして私たちはそれぞれ自分の母国語で聞いているのか」。パルティア人、メデス人、エラム人、メソポタミアの住民、ユダヤとカッパドキアの住民、ポントスとアジアの住民、フリギアとパンフィリアの住民、エジプトとキュレネ近くのリビアの一部、ローマのよそ者、ユダヤ人と改宗者、クレタ人とアラブ人、彼らが自分の言葉で神の偉大なことを話しているのを私たちは聞く」(使徒2:5〜11)。

神父、地上における神の微笑み

寄付には顔が必要です。教区司祭、修道司祭の養成に力を貸してください。

ペンテコステにおける聖霊の働き

のアクションで、その日に何が起こるか。 聖霊 ペンテコステにおける人類の起源に関する聖書の記述は、そのアンチテーゼである。当時、全地球は同じ言語、同じ言葉を話していた。東から移動してきた彼らは、シナールの地に平原を見つけ、そこに定住した。

そして、互いに言い合った。 -レンガを作って、火で焼こう!-。レンガが石に、アスファルトがモルタルになるわけだ。そして、彼らはこう言った。-われわれは自分自身で都市を築き、その頂が天に届くような塔を建てようではないか。そうすれば、私たちは有名になり、全地に散らされることはないでしょう。主は降りてきて、人の子らが造っている都と塔とをご覧になった。主は言われた、『彼らは一つの民で、皆一つの言語を持っている。これは彼らの仕事の始まりに過ぎず、今や彼らが行おうとすることは、彼らにとって不可能であろう』」。

降りて行って、そこで彼らの言葉を混乱させ、彼らが互いに理解できなくなるようにしましょうそこで、主はそこから全地に彼らを散らし、彼らは都を建てることをやめた。そのため、主はそこで全地の言葉を混乱させ、そこから全地に散らされたので、バベルと呼ばれるようになった(創世記11:1-9)。

フランシスコは、ローマで行われた聖霊降臨祭2021年の祝典で、聖霊は「特に私たちが経験しているような困難な時に」慰め、「私たちをありのままに愛してくれていると感じさせる方だけが心の平和を与えてくれる」ので非常に個人的な方法で慰めると述べました。なぜなら、ひとりぼっちの人たちと一緒にいることは、すでに慰めることだからです」。

ペンテコステ:アクティブコミュニケーション

聖書の物語に登場する人々は、神が存在しないかのように働き始めたとき、自分たち自身が人間性を失っていることに気づいたのです。この文章には、永遠の真理が含まれている。高度に発達した現代社会では、多くのコミュニケーション手段や情報があるため、話す量も理解する量も少なくなり、オープンで誠実な対話による真のコミュニケーション能力が失われているのではありませんか?私たちは、この他者に開かれた能力を取り戻すために、何かが必要なのです。

ペンテコステにおける聖霊の働き

人間のプライドが壊したものを、ペンテコステの聖霊の働きによって元通りにしたのです。今日もまた、聖霊に対する従順さが、より人間らしい世界を築くために必要な助けを与えてくれます。イエスは、使徒たちに、そして私たち一人ひとりに、このことを約束されました: 私は父に祈ります。そうすれば、もう一人のパラクレートを与えて、いつもあなた方と一緒にいてくれるでしょう。 (ヨハネ14,16)。 ギリシャ語の単語を使用する パラクレトス は、「隣で話す人」という意味です。 は、私たちに寄り添い、励まし、道しるべとなる友人です。 

今、私たちはこの祈りの時間に神と対話し、神の前で自問します。私は、自分の仕事や家庭生活、友人関係、自分の住む社会を、神の配慮なしに自分の努力で築いた世界として努力しているでしょうか?それとも、イエスが私を導き励ますために私のそばに置かれた、切っても切れない仲間である聖霊の愛の声に耳を傾け、従順でありたいと思うでしょうか。

できること 聖霊を呼び起こす を、ペンテコステの時の教会の古く美しい祈りとともに紹介します: 聖霊よ、忠実な人々の心を満たし、あなたの愛の炎を彼らに燃え立たせてください。 そして、聖霊なる神の配偶者である聖母にお願いします。聖母のように、私たちの魂の中に偉大なことをさせ、神と人を愛する方法を知り、その助けによってより良い世界を築くことができるようにします。

フランシスコ・ヴァロ・ピネダ氏
リサーチディレクター
ナバラ大学
神学部
聖書学教授

聖霊の甘い水

バーレーンのカトリック信者との面会

の紹介で 講演が伝えています。 「異なる顔の歴史からなる教会に属し、それがイエスという一つの顔の中に調和を見出すのは美しいことです」。.その国の地理や文化を描く。 多くの砂漠地帯を灌漑し、実りをもたらす水について説明しました。.信仰と聖霊の実りであるクリスチャンライフの美しいイメージ:

 

「私たちの人間性は、多くの弱点、恐れ、直面すべき課題、さまざまな種類の個人的・社会的悪によってやせ細り、表面に現れてきます。しかし、魂の奥深く、心の奥底には、聖霊の甘い水が静かに静かに流れ、私たちの砂漠に水を与え、乾きそうなものを活性化させ、私たちを劣化させるものを洗い、幸せへの渇きを癒すのです。そして、それは常に命を更新する。聖霊の賜物であり、私たちの内におられる神の優しく、愛に満ちた、活力を与える存在なのです。

ローマ法王フランシスコ

クリスチャンは生きた水の責任を負う

次に、教皇はヨハネによる福音書の一場面をご覧になります。イエス様はエルサレムの神殿にいらっしゃいます。この日、人々は神を祝福し、土地と作物の恵みに感謝し、契約を思い起こす「タベルナクスの祭り」を祝います。この祭りの最も重要な儀式は、大祭司がシロアムの池から水を汲み、民衆の歓喜の歌声の中で城壁の外に流し、エルサレムからすべての民衆に大きな祝福が流れ込むことを表現することだった(詩編87:7、特にエズ47:1-12を参照)。

その中で、立ち上がったイエスが叫ぶ。 「渇いている者はだれでも私のもとに来なさい。そうすれば、その人の腹から生ける水の川が流れ出るだろう」。 (ヨハネ7:37-38)。クリスチャンが受ける聖霊のことを指していると、福音史家は言っています。 七週の祭り.とフランシスは観察しています。 "イエス "は十字架で死ぬ。その時、もはや石の神殿からではなく、キリストの開かれた側から、新しい命の水、すなわち、全人類を再生し、罪と死から解放するために運命づけられた聖霊の命が流れ出るのです」。

専門家 CARF財団

ローマ法王フランシスコ、イスラム教国バーレーンを訪問。 出典 VaticansNews.

聖霊の賜物

以後は 教皇は3つの偉大な贈り物を指摘する 喜び、一致、そして『預言』です。

喜びの源

まず最初に。 聖霊は喜びの源です。 主は私たちに寄り添い、慰め、困難の中で支え、私たちの最大の望みを達成するよう励まし、人生の美しさに目を開かせてくださるからです。ペテロの後継者は、これが一瞬の感情ではないことを観察している。それは確かに、今日の一部の文化体験に見られるような、消費主義的で個人主義的な喜びではありません。それどころか、聖霊から来る喜びは、たとえ労苦や「暗夜」の中にあっても、神と結ばれていれば、痛みや苦しみ、苦悩などあらゆるものに立ち向かえることを知ることから生まれるのであり、人生の美しさに立ち向かえるのです。 デュエル と死がある。

そして、その喜びを維持し、増大させる最良の方法は、「与えることだ」とフランシスコは言う。より 聖体拝領私たちはこの喜びを、特に若者や家族、職業の間に、熱意と創造性をもって広めることができますし、そうしなければなりません。

結束の源

2つ目は 聖霊は統一の源である なぜなら、それによって私たちは父なる神の子どもとなり(ローマ8:15-16参照)、したがって互いに兄弟姉妹となるからです。だから、私たちの間で利己主義や分裂やつぶやきが起こるのは意味がないのです。教皇は、聖霊が愛の唯一の言葉を生み出し、不信と憎しみの壁を取り除き、歓迎と対話の空間を作り出すと指摘します。主は私たちを恐れから解放し、慈悲の力をもって人々に会いに行く勇気を与えてくださいます。 御霊は、画一的ではなく、調和的な一致を生み出すことができるのです。この街は、人、人種、文化が非常に多様な場所です。

と、フランシスは強調する。 「これこそがキリスト教共同体の強さであり、私たちが世界に与えることのできる最初の証です。.

予言」の源

最後に 聖霊は預言の源である.救いの歴史の中で、神が人々に伝えたいことを伝える証人、通訳として、神が呼び、聖別し、派遣した多くの預言者たちがいる。預言者の言葉は往々にして貫かれている。このように、フランシスコが指摘するように、彼らは 人々の心に巣食う悪のプロジェクトを名指しで呼び、誤った人間的・宗教的証券に挑戦し、改宗を呼びかける」のです。

まあ、すべてのクリスチャンは、この 預言者天職.以来 バプテスマ聖霊が私たちを預言者にしてくださったのです。 "このように、私たちは悪の業を見て見ぬふりをすることはできないし、自分の手を汚さないように静かな生活にとどまることもできないのです"。

それどころか、」と付け加えています。 すべてのクリスチャンは、遅かれ早かれ、他人の問題に関わり、証しをし、福音のメッセージの光をもたらさなければならない。 愛と正義と平和を求め、あらゆる利己主義、暴力、堕落を拒絶するように導くものである「聖徳」を、日常の場面で実践する。そして、囚人や彼らのニーズへの配慮を例として挙げています。 「最も小さい者の扱いの中に(マタイ25:40参照)、その社会の尊厳と希望の尺度が見出されるからです」。.

要するに、そしてこれがフランシスコのメッセージです。 クリスチャンは-紛争の時代にも-喜びをもたらし、一致を促し、平和をもたらすよう、召されているのです。 (教会内を始め)社会でうまくいっていないことに関与すること。このすべてのために、私たちは聖霊から来る恵みの光と力を得ているのです。キリストの自己犠牲の実りとして、聖霊は私たちを神の子とし、私たちの間で兄弟姉妹とし、すべての人にとって良い知らせである福音のメッセージを世界中に広めることができるようにし、同時に、すべての人のために働くように招いているのです。

ラミロ・ペリテーロ・イグレシアス氏
牧会神学教授
ナバラ大学神学部

 

教会と新福音化」に掲載されました。

推薦図書:ビセンテ・エスクリバ・サルバドール著 "Una mitra humeante"

煙るミットレ:スペイン共和制の根拠となったバレンシア大司教ベルナルディーノ・ノザレダ。

アントニオ・カノバスが計画・推進した維新のスペインは、いわゆる「宗教問題」を満足に解決し、友好的な共存の枠組みを確立しようとするものであった。しかし、その目的は達成されず、その主な理由は、政治的対立とカトリックの分裂にあった。

98年の災害」は国を揺るがし、政治的、道徳的、文化的悲観主義に陥れ、当時の知識人や作家の全世代にその名を刻むことになった。

共和派は、ジャコバン的な反宗教主義を特徴とする武装した報道機関、半島各地での動員や集会を通じて、憲法体制とそれを象徴するもの、とりわけ王政とカトリック教会を攻撃した。

保守派のアントニオ・マウラによるいわゆる「短期政権」(1903-1904年)において、スペイン社会が発作的に分裂するような出来事が起こった。

共和主義者と自由主義者は松明を灯し、「マウラに死を!ノザレダに死を!」と叫びながら、バレンシアの地に足を踏み入れず、ミトレとクロージャーを手放さないようにとホストたちを煽った。そして、彼らは成功した。

ビセンテ・エスクリヴァ・サルバドール

バレンシア大学法学部卒業、ESADE(Escuela Superior de Administración y Dirección de Empresas)人事学士号、バレンシア大学現代史修士号(特別賞)、UCV(Universidad Católica San Vicente Mártir de Valencia)歴史学博士(優等生)の資格を有する。バレンシア弁護士会(ICAV)の会員であり、30年にわたる弁護士としての経験を持つ。バレンシアのLluís Vives Business Schoolの教授陣の一人である。また、国家プロジェクトに研究員として参加している。現在の研究テーマは、法学史、現代史、教会史、地政学、国際関係論である。また、バレンシアにある雑誌「TOKYO MX」の協力者であり、特派員でもある。 CARF財団.